今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

僕は今まで普通の学校に行き、普通の会社に入社し、普通の両親、友達に囲まれてということで、常軌を逸した人と関わる機会がありませんでした。関わる機会があったとしても、避ければ済む話だったわけですが、賃貸経営は関わりたくないけど、関わらないと仕事が進まないケースが多くあります。

 

まず、なんといっても多いのが入居者対応だと思います。

特に属性が低い方が集まるような物件を所有している方は、理不尽なクレームをしてくる入居者や明確な理由なく滞納してくるような確信犯の対応に追われることもあると思います。

 

その他に、賃貸仲介の方々、賃貸管理の方々、リフォーム業者の方々等、サラリーマンだけをしていると接することのないような方と接する機会が多くあります。そういった方々のほとんどがしっかり仕事をやってくる、一般常識の範囲内で動いていただける方なのですが、たまに常軌を逸した行動をする方もいます。

 

また、不動産売買仲介に至っては、ほとんどの方が嘘をついてきます。

彼らは不動産を売らない限り自分たちに利益が発生しないため、売るためには何でもやるというスタイルの営業マンがそれなりにいます。中には、我々投資家のために必要な情報は全て提示して下さるという親切な方もいますが、ほぼいないと思った方が無難です。

 

今ままでは、常識人の中で行動し、ある程度守られた制度、枠組みの中で生きてきた人が、周りの人はほとんど信じられない、失敗したら奈落の底まで落ちる可能性のある世界に入ってくると、戸惑う方が多いと思いますし、そこで騙され、今まで積み上げてきたものが消えてしまうというパターンの不動産投資の世界では聞くこともあります。

 

なので、不動産投資の世界では、周りの人は全員泥棒ぐらいに思って接することがまずは必要です。そして、何より自分の言動に自己責任を持つこと。

 

困ったときには誰も助けてなんてくれません。

お金をだまし取られても、相談に乗ってくれる方はいても、お金を取り戻すことが出来るのは自分だけです。

 

こういったマインドは何かで失敗したときにハッと気づかされます。

 

僕の場合は、それが2年前に起きた手付金持ち逃げ被害でしたが、それはそれでよい経験だったと思います。同時に、自分の経営者としての自覚の甘さを痛感しました。

 

なので、失敗はより若いうちに、より小さい金額でしておいた方が僕は良いと思います。このブログを失敗したことがない人が読んでもピンとこない方も多いのではないかと思います。まずは、失敗しましょう。そのためにも、投資は最初は少額からというのは守るようにした方が良いと個人的には思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪