今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先月初めくらいから、電子ブレーカーの導入を検討しているということをこのブログでも共有していましたが、削減効果が実際に分かってからでないと損する可能性があるということで、トライアルを行っていたのですが、先日結果が出ました。

 

結果としては、電子ブレーカー設置により基本容量がある程度下げることができるため、月間4,050円のコスト削減が可能とのことでした。つまり、年間にして5万円弱です。

 

もともと月間で2,500円以上のコスト削減効果があれば、実行しようと考えていたところだったので、想定以上のコスト削減になるため、年内に電子ブレーカー設置をしたいと考えているところです。

 

この電子ブレーカーについて、仕組みをインターネットで調べてみたのですが、難しい言葉で説明されているサイトが多く、専門的な言葉では説明しづらいのですが、要は、より精密なブレーカーを設置することにより、選定容量を下げ、基本料金をさげるという仕組みのようです。

 

設置コストとしては、30万円~50万円程度と言われているようですが、マンションというより、商業施設や商業ビルなど大規模な物件であればあるほど、削減効果が大きいようですね。

 

僕が所有しているマンションは、エレベーターと揚水ポンプがあるので、ある程度電気量が大きい部類に入るということもあり、今回の削減額になったのだと思います。

 

ただし、サイトを見てみると導入にあたっての注意点も書いてありました。業者が選定容量を間違えてしまうと、頻繁にブレーカーが落ちることになるので、いきなりエレベーターが止まったり、揚水ポンプが止まったりしてしまうそうなので、設置を行う業者がしっかりしているか否かを見極める必要があるとのことでした。

 

この点、今回は管理会社の社長が付き合いのある販売会社を経由して行っているので、問題はないと思っていますが、念のため、設置業者名を聞いて、インターネット検索をしてみようと思います。

 

意外と見逃されてしまいがちですが、コスト削減は家賃アップと同じく、キャッシュフローに直接的影響を及ぼすものです。特に大きな物件であればあるほど、削減の絶対額は大きくなる傾向があるので、もしまだコスト削減に本格的に取り組んでいないのであれば、取り組んでみることをお勧めします。

 

今年は色々とバリューアップ投資を進めていますが、なんとか年内に完了できるよう、手続きを進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪