今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

7月に入り、今年も折り返し地点を過ぎました。

賃貸経営の方では今年、来年が山場となるので、なんとか順調に過ぎ去って欲しいという思いですが、まずは今年を乗り切りたいと思います。

 

今月上旬には、小規模事業者持続化補助金(台風型)の事業採択結果が発表されます。事業採択された場合は、150万円までの経費の内、2/3が補助されるので、最大100万円の経費が補助されるということで、大きな力になっていきます。

 

既に見積もりは取得しているので、あとはどの工事を行うかという組み合わせをどうするか?というところまで材料は出ているのですが、その中でも防犯カメラの設置は行うと考えています。

 

今回設置しようと考えている防犯カメラはクラウド型カメラです。

クラウド型カメラは、録画データをクラウドに保存するまで、従来のレコーダーのようなものを設置する必要はありません。レコーダーはスペースを取りますし、保守費用もかかるので、それがなくなるだけでも大きいです。

 

加えて、クラウド型カメラであれば、リアルタイムで綺麗な動画を必要な時に確認できるので、例えば、内見者が来るタイミングで内見者の様子を確認するということもできたりします。

 

クラウド型カメラは、クラウド使用料ということで毎月料金が課されます。それが難点ですが、1,000円前後なので、その費用を高いと考えるか、安いと考えるかはオーナーのコスト感覚次第ではありますが、僕はそれぐらいであれば良いかなと思ってしまいます。

 

今少しもめているのが、クラウド型カメラに使用するインターネット回線についてです。僕は今の入居者向けインターネット回線の設備を前の所有者より引継ぎ、レンタル契約を結んでいるのですが、機器の所有者がその契約している会社になっています。

 

ということで、防犯カメラ用に改めにIPアドレスを取得してもらう必要があるのですが、それについて、レンタルしている会社からの返答に時間がかかっている状況です。

 

正直、その会社の担当者とは2年前に口喧嘩になりかけたので、もう顔すら見たくないですし、残り2年程度のレンタル期間が過ぎれば、即刻キャンセルすることを決めていますが、今はインターネットHUB設備の所有権がその会社にあるので、しょうがないのです。

 

その会社は使用料を取ると言っていますが、2年間の我慢なので、あまり文句を言わずに対応をしようと思います。ただ、もし回線を使わせてもらえないということであれば、納得できないので、抗議はしようと思っています。

 

という状況ですが、ひとまずその会社からの返答を待ちたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪