今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
もうすぐで今年も7か月が過ぎようとしてますね。経過してみると早い気がします。

人気ブログランキング

 

 

先日、物件の買い付けを入れたというお話はさせていただきましたが、融資打診をかけている金融機関は最近審査期間が長くなっているらしく、今までであれば1週間程度で事前承認が出ていたにもかかわらず、現在、2週間程度は事前承認まで時間がかかってしまうとのことでした。

 

こういった審査期間が長くなる。今まで求められていたエビデンスよりも多くのものを求められるようになるという事態は、今回僕が融資打診をしている金融機関に限らず、他の金融機関でも同じようなことが起こっています。

 

そもそもですが、今まで異常だったという考え方もあります。

昨年3月ぐらいまではバンバン融資が出ていましたが、今は・・・という感じです。

 

僕はこの状態が長期的に続くと考えています。

人によって見方や考え方は異なると思いますので、あくまで参考までにということでお聞きください。

 

日本は人口が減少していく国

そもそもですが、不動産賃貸業は斜陽産業になりつつあるという意見も多くあります。

日本国内の人口は既に減少に転じており、入居者というパイが少なくなっているにも関わらず、新築マンションやアパートは相変わらず建築され続けています。

 

建築会社は新築を建てないとビジネス自体が成り立たないので、このような状況になってしまうのは致し方なしだとは思いますが、それに対して投資する側は慎重になる必要があります。

 

そして、不動産賃貸業は息の長いビジネスです。1年や2年で結果が出るようなビジネスではありません。最初の数年で賃貸経営がうまくいっていたとしても、その後、突発的な費用が発生したり、僕のように手付を持ち逃げられたり、売却時に大きな売却損を計上してしまったりと、最終的に売却までいかないと、結果は分かりません。

 

こういった状況は金融機関も熟知しているはずです。

ということで、不動産賃貸業が今後盛り上がっていくから融資をしていこうという流れで融資をしている金融機関は少なくなっていくことは容易に想像できるかなと個人的にも思います。

 

なので、今から不動産融資が逆に盛り上がっていくというのは考えにくいんですよね~

 

スルガ問題

そして、まだ全容解明が進んでいないスルガ問題です。

一時期は1か月に100を超える決済件数あったのが、今は1か月に10以下という噂さえ聞きます。そして、それに伴い株価も下落しているわけですが、この問題がほかの金融機関に与えた影響は大きいです。

 

この問題を契機に金融庁が他の金融機関にも入ることになり、ほかの金融機関にも影響が出ているという話です。まだ金融庁の立ち入り検査がなかったとしても、将来的にはあるかもしれれないという恐怖感から、今まで以上に不動産融資には慎重になる金融機関が多いですよね。

 

上記のエビデンスとして求められる情報が増えているという話と、融資期間が長くなってきているという話は、金融庁から指摘をされないためにしていることとも言えます、。

 

こういった傾向はすぐには変わらないと思います。

今後は今の厳格化された融資プロセスで続いていくのかなーとも思います。いずれにしろ、1年や2年でいきなり昨年の3月までの勢いで融資が出るように変わるとは思えません。

 

自己破産者続出の可能性

そして、これもスルガ銀行に関する話になっていきますが、サラリーマン大家の自己破産者が続出すると言われています。銀行としては不良債権が増えるということになりますが、こういった現象は、他の金融機関の不動産融資に対する考えをネガティブにさせます。

 

不動産は1に立地、2に立地というビジネスだと個人的には考えています。

 

ある一定以上の利回りを満たさないとそもそもキャッシュフロー的に回らないということも事実としてはございますが、利回りが低いけど立地がかなり良いから購入したということはあっても、立地は良くないけど、利回りが高いからという選択肢はできる限り控えた方が良いと個人的には思います。

 

ただし、地方の高利回り物件をフルローンやオーバーローンに買いあさってきた人は、どこかでひずみが出る可能性はあります。

 

自己破産者が出てくると、社会問題にもなりかねません。

こういった事実も金融機関の不動産融資に対する姿勢をネガティブにさせるものではあるので、やはり、不動産融資がポジティブになる要素が少ないなーと。

 

暗いニュースばかりお伝えしましたが、長い目でやっていけば、必ず良い物件は現われると信じて、やっていくしかありません。こういった状況ではありますが、買える人が少なくなっている分、物件の利回りは上がっています。

 

諦めずに目標を持って、コツコツやっていけば、いつかは良い物件をつかめると信じて引き続き精進していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪