みなさんこんにちは!

今日は、会社が抱える過去の失敗と現在の意思判断
を個人の場合に、ひっかけてお話ししたいと思います。

まず、個人として不動産を所有し、利益を得る方法は
「キャピタルゲイン」か「インカムゲイン」と、二つあります。
「キャピタルゲイン」とは、売却益です。不動産を購入する時に、
安く購入し、それを売却するか。最近ではやっているのは、オンボロ
中古物件を購入し、それにリノベーションをかけて、付加価値を与え、
売却益を得る方法です。安く購入する方法も様々ですが、最近では競売物件
が流行っています。

「インカムゲイン」は、今僕が行っている方法です。つまり、賃貸不動産を
長期的に保有し、家賃収入を継続的に得ていく方法です。最近はどこにいっても、
この方がリスクが相対的に低く、堅実な収益獲得方法だということは、
どこの不動産屋に行っても、言われましたし、僕もそう思います。

上記2種類が、不動産で得られる収益になりますが、今現在「インカムゲイン」
の方が確実に有利だと言われています。というのも、不動産を購入した場合、
手数料がかかります、その他に登記費用、調査費用、そして良い不動産を購入するためには、なにより労力がかかります。ここまでしても、現在のデフレ状況下では、売却益で収益を
得るのは、難しいと言われています。

こういった状況下で、私が属している会社では不動産も扱っているのですが、「キャピタルゲイン」に特化して、ビジネスをすすめています。なぜ不利な市場で勝負しているのかというと、
過去、賃貸不動産ビジネスを行っていたらしいのですが、バブル崩壊後、資産価値が急落し、
減損額が非常に大きくなってしまった事があるからです。これを聞いて、僕は「それって過去の事でしょう?」

と思ってしまいました。

確かに過去の失敗を今に生かすのは大事なことだとは思いました。しかし、過去と今では状況が違います。
それも考えて、より有利なところで勝負するのがビジネスなんじゃないかなと思っています。
それに、現在は損益よりも、キャッシュフローを重視する傾向が強まってきています。
そういった状況下、安定的にキャッシュフローを生み出してくれる不動産賃貸業は、現在のビジネス評価に沿っている業種だと言えます。

とはいえ、僕も今後何かで大きな失敗をして、それにはもう二度と手を出したくないと思うかもしれません。

しかし、そういった状況であっても、自分が置かれている環境を考え、ベストな選択をでき、思い切りが良い自分でありたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪