今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

10月の家賃入金も行われ、家賃収入ベースでは今年も残すところ2か月となりました。来月から空室が出るので、まだ今年が終わったわけではないですが、そろそろ今年の振り返りと来年に向けての目標設定を考え始めるタイミングです。

 

話は変わりますが、僕の1棟マンション入居者には、1名保証会社経由で1か月遅れの家賃が振り込まれてくる入居者がいます。その入居者、女性なのですが、この状況が1年程度続いており、かつ、保証会社に入会している方なので、そこまで不安視していないのですが、10月に更新を迎えます。

 

更新料はもちろんのこと、保険の更新も行うのですが、現在、管理会社からその方への連絡は途絶えて1年経過しているので、管理会社からの連絡は通じない状況です。でも、保証会社との連絡は取れているから家賃は振り込まれているようですが、保険の振込は管理会社が行うことです。

 

ということで、このままいくと入居者の保険が更新できずに時が流れてしまうということになりかねないのですが、それに危機感をもって、管理会社のお尻を叩いているところです。

 

管理会社にとっては、1部屋のために多大な労力をかけたくないという思いがあるので、こういったことはオーナー側から発信していかないと動いてくれません。直前になって、連絡が取れないので、保険料はオーナー負担でも宜しいでしょうか?と連絡が来るのが落ちです。

 

こちらとしては、管理会社の機能として、入居者の契約関係を滞りなくやってもらうということなので、前々から周知をしておくことにより、もし保険の更新が出来なかった場合に、管理会社にも責任の一端を背負わせるのが狙いでもありますが。

 

9年賃貸経営をやっていて、こんなことは初めてです。

というより、1棟マンションを保有してから、保証会社の代位弁済を何度か活用させてもらっていますが、区分マンションの経営ではなかったので、これも初めてでした。

 

やはり、家賃帯の低いワンルームは滞納リスクが、区分のファミリー層と比べて高いこと、経営をする中で実感しています。

 

今回の件は、最悪自己負担が発生する可能性があります。

金額にして1万円程度なので、気にする金額でもないのですが、なんとなく嫌な感じですよね。

 

なんやかんやで2年以上住んでいただけているのは良いことなのですが。。。

若い女性でも、滞納する方、ずぼらな方っているんだなーと人生勉強にもなっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪