今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

物件購入から1年数か月が経ちましたが、早くも融資条件変更に向けて動いていこうと考えています。まだ早いという認識はしていますが、こういったことは早いうちから交渉を始めることが重要だと考えており、あえて早めに行動しているというのもあります。

 

融資条件変更といえば、誰もが思い浮かべるのが金利交渉です。

これについては、もちろん考えています。ただ、僕が今借り入れをしている金利自体、その銀行で借り入れる通常の方と比較すると良い金利で借りられています。

 

それはその支店が開店直後ということで、優遇金利で募集していたこと、また僕が所有している区分マンション1戸を共同担保として差し入れたことが要因です。なので、運が良かったというのもありますが、通常差し入れる人が少ない共同担保を差し入れているという意味で僕自身の努力もあります。

 

金融機関としては滞納なく毎月ローンの返済をし続けてくれる方を優遇するという考え方はベースにあります。なので、ローンの借入期間が長く、ローン返済を毎月きっちり行っていけば、金利市況が変わらないという前提ですが、金利交渉は段々やりやすくなっていきます。

 

この金利交渉とは他に交渉していこうと考えているのが連帯保証人外しです。

僕は最初に購入した区分マンションは個人で購入したものの、昨年購入した物件は法人として購入し、その法人の連帯保証人として僕がいるという位置づけになっています。

 

ということで、個人としては債務者ですが、法人としては連帯保証人ということで、背負っている債務の内容は同じになるものの、何かあったときのリカバリーはききやすい状況ではあります。

 

そして、今考えていることが今日のタイトルである連帯保証人外しです。

つまり、法人の連帯保証人である僕を外してもらい、法人が所有している物件担保や僕が差し入れをしている共同担保のみで借り入れをする形に切り替えるということです。

 

これが実現すれば、僕個人のリスクはなくなります。

何かあった場合でも、金融機関は僕個人をおいつめることができないので、僕個人が自己破産する可能性はゼロになります。

 

この連帯保証人外しと金利交渉はどちらも訴えを続けていこうと考えてはいますが、簡単にできることではないことは認知しています。ただ、言わないと何も起こらないので、繰り上げ返済等をうまく活用して、交渉をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪