今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

昨日アップした銀行への決算説明の際に話をした連帯保証人外しについて、取り上げていきたいと思います。個人であれば、債務を返済しない限り、ずっと自分に債務はその方に帰属し続けますが、法人の債務はもともと法人に帰属しており、それを代表者が連帯保証しているという立て付けなので、個人で借入をした場合と、法人で借入をした場合とでは、状況が異なります。

 

いくらキャッシュフローがうまく回っているとはいっても、何があるか分からないのが、不動産投資です。何かあったとしても、自分が保証する必要がなくなる=連帯保証人から外れることができれば、自己破産するという可能性がゼロになるので、気が大分軽くなるというのはあります。

 

僕の場合、個人として借り入れをしている金額は少額となっており、個人としての自己破産リスクはほぼほぼゼロに等しい状況まで下げることができています。一方、法人として借り入れをしている金額は大きく、また、月々のキャッシュフローの返済比率が50%程度ということで、いっぱいいっぱいではありませんが、だからといって余裕がかなりあるという状況でもありません。

 

そこは、繰り上げ返済をして、返済比率を下げていくしかないと考えています。

築30年弱の物件なので、ここから家賃が急激に上がることはまずないですし、だからといって急激に下がることもない価格帯まで落ちています。

 

他で収入減を増やすべく、屋上スペースを活用したアンテナ収入を増やしたり、努力はしているのですが、立地的に都心ということでもないので、待つしかない状況ではあります。

 

僕の中ではあと4年程度で、財務状態を健全化させ、返済比率でいえば40%を目指しています。40%まで行けば大分安定してきますので、そのまま保有しても良いし、売れるのであれば、売っても良いしという多くの選択肢がある状況まで持ち込めます。

 

連帯保証人外しのためには、今からある程度の金額を返済する必要があることはこの前の面談で分かっています。その時の土地の実勢価値や銀行の業績によってハードルの高さは変わりますが、少なくとも当初借入額の半額まで減額することができれば、僕にかかっている連帯保証人を外すことは出来そうです。

 

理想としては、僕が40歳になる7年後くらいまでにこの連帯保証人外しができればなと。

そして、その後は、僕が連帯保証人にならない形で、不動産を買い増ししていけば、リスクフリーの不動産投資ができると思っています。

 

それまでに、貯蓄の方頑張っていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪