先週末に2泊、それぞれ違うホテルに宿泊する機会がありました。

そこで、毎日価格をチェックして、出来る限り安い時に予約しようと思っていたのですが、民泊のような価格の動きをしなかったので、本日は通常のホテルの価格帯を見て感じたこと、そして、この話を民泊と結びつけて話をしたいと思います。

 

 

通常のホテルは過剰の値段を下げることをしない

僕が運営している民泊の場合、直前の日程になると元の値段の1/3程度まで値段を下げることもあります。

 

しかし、通常のホテルではここまでの値下げはないことに気付きました。

おそらく、値段を下げ過ぎると客質が下がるからではないのかなと勝手に勘ぐっています。

 

また、ホテルには独自のブランド価値があります。それが民泊と大きく異なるところですが、ブランド価値を保つという意味でも、値段を下げたくないのかもしれません。

 

通常ビジネスホテルは10,000円以下で宿泊できるところがほとんどですよね。

今回はAPAホテルを利用したのですが、当日に予約したにもかかわらず、7,000円程度かかりました。通常とあまり変わらない価格ですよね。

 

何もキャッシュを生まないのであれば、黒字である限り宿泊料金を下げた方が良いのになーと僕自身は思いつつ見ていました。

 

宿泊したのが金曜日、土曜日ということもあったのかもしれませんけどね。

 

やはり民泊の方が断然安い

当日羽田空港周辺のホテルを一休というホテル検索サイトで検索したところ、安くても6,500円程度でした。

 

一方、民泊の羽田空港周辺の部屋は、4,000円でそれなりの広さに泊まれる部屋がちょこちょこありました。掃除委託をしている場合、4,000円+掃除料金をもらうというのが黒字ラインのギリギリラインであるということは感覚的に分かるので、予想していた通りです。

 

今回は、たまには普通のホテルに泊まりたいなと思い、APAホテルの宿泊することにしましたが、本当にお金を節約したいと思った時はやはり民泊なのかなと。

 

それも、宿泊する1か月前に申し込むのではなく、当日の予約するという方法です。

その方が断然安く予約できるわけですから。

 

政府が民泊の規制を緩和するのも予約する立場になってみると分かります。

特に、外国人からすると渡航費がかかっているわけですからなおさらでしょう。

 

でも、ホテル側としては日本旅館業を営むために毎年一定の会費的なものを支払う必要があるらしく、それを支払っていないからこそ民泊は安くても利益がとれるし、ずるいという見解も分からなくはありません。

 

今年の9月をめどに何らかのガイドラインが出来上がると聞いていますが、それを待ちたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪