今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
来年に向けての計画を本格に練りはじめました!

人気ブログランキング

 

 

今日はまず記事をシェアしたいと思います。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23748790R21C17A1K15200?channel=DF280120166594&style=1&n_cid=NMAIL007&page=2

 

 

最近こういった類の記事を見ることが多くなりました。

こういった記事を見ると、今は不動産投資はやめた方がよいのかなとか、色々トラブルに巻き込まれるのは嫌だから不動産投資はやめようと考えて、参入を控える方が増えるので、競合他者が減少するという意味で、僕は大歓迎です。

 

逆境を力にしていく必要はあります。

そして、その逆境を力にできる人は本当に努力してきた人だと個人的には思いたいです。

 

融資が厳しくなってきたという話は確かに投資家の中でも良く聞きますし、実際に資金繰りが悪くなって建築請負会社が建築途中で破産したりする話、サブリース会社が家賃保証できずにいきなり送金額が減額になるケースなど、悪い話は増えています。

 

でも、その中でも良い物件を良い融資条件で購入出来ている人はいます。

そういった方は多くの仲介業者を抱えて、物件の紹介をしてもらえるような仕組みづくりをしており、また新規開拓も怠ることなくやっています。

 

融資のアレンジにしても、仲介に全投げということではなく、自分で銀行と交渉して、自分で融資をアレンジしてしまう方も多くいます。まさに不動産投資家のプロです。

 

ただし、上記の記事であるような頭金を求められるというのは確かに増えてきているようで、以前のようにフルローンやオーバーローンは非常に厳しい状況になってきているようです。

 

なので、ある程度の規模の物件を購入するのであれば、それなりの資金は必要です。

そうなると、やる気はあっても資金的に参入できない投資家も増えます。

 

なので、個人的には不動産投資家も更に二極化していくのではと思います。

つまり、買える人はどんどん変えて、買えない人はとことん変えない。

しかも、仲介業者は変える人に優良情報を流すので、良い物件の情報も変える人に集まっていきます。

 

資金力、人脈、情報力でどんどん上と下の差が開いていくばかりです。

 

これは社会の縮図なんでしょうね。

不動産投資に限らず、お金を持っている人にはいろんな情報が集まってきます。その分、懐疑的な情報もでてくるので取捨選択する能力を持たなければ淘汰される可能性もありますが、そこまでのし上がった人というのはそういった情報の取捨選択能力が備わっている人が多い。

 

僕もなんとかそのグループに加われるよう、人脈の構築に努めるとともに、資金力も更に上げていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪