今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
クールビズももう少しで終わりですね(泣)

人気ブログランキング

 

 

敷金精算の際に、どこまで借主負担にするか?という部分でよくもめごとが起こると聞きます。このことについて、借主と貸主の負担割合について定められた東京ルールというのをご存知でしょうか?本日はそのルールを参考にしながら、退去時の敷金精算について、お伝えしたいと思います。

 

賃貸借契約上、借主が追っているのは原状回復義務です。

原状回復というと、イメージとしては住み始めた頃の状態に戻すという方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、東京ルールでは、原状回復は住み始めた頃の状態に戻すという意味で定義されていません。借主の責任で傷ついた部分の修復、壊してしまった設備の修復等、通常の使用では考えられない破損や汚れの修復のことを原状回復と定義しています。

 

なので、通常使用していくうえで、時間の経過とともに発生する汚れや破損は借主負担ではなく貸主負担となっています。でも、この定義って微妙だなと個人的には思います。

 

例えば、壁紙の汚れが通常使用している分にはしょうがない汚れかどうかなんて何を持って判断できるのでしょうか?明らかにおかしい汚れとかであれば分かりますが、例えば2年程度住んでいた方がいたとして、壁紙が黄ばんでいたら、それは借主の責任によるもの?それとも時間の経過によって発生した自然消耗?と判断するのが難しいです。だからこそ、もめることが多いんだと思います。

 

これに関して、僕は退去時のもめごとは避けたいので、退去時に敷金は一括償却ということにしています。もちろん、契約を決めてくれた会社経由で敷金は退去時に全額大家のモノになりますよと説明してくれていますが、契約時にあまり契約書を見ていない方が多いのと、これからの新生活に心躍っている状況だからですかね?これに関して突っ込んでくる方ってほぼいないのが現状です。

 

中には拒否してくる方もいるんでしょうけどね。

 

ということで、まずは敷金は一括償却という契約を結んでみては?と個人的には思います。通常、敷金が全部大家のモノになるということはほぼないと思います。この敷金一括償却というのは実質礼金が1か月分増えるようなものです。

 

ワンルームではやりにくいのかもしれませんが、ファミリータイプのマンションであれば、意外と通ります。でも、意外と一括償却にしている部屋ってみません。Suumoとかで見ても。

 

ということで、無用なもめごとは避けるべく、契約の特約を織り込む、または今日紹介したような敷金一括償却という方法に是非トライしてみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪