今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先日路線価の発表がされましたね。

不動産融資が厳しくなっているとは言われながらも、なんやかんやで4年連続上昇という結果になっており、相変わらず不動産価格は上がり続けているようですね。

 

今日はとりとめのないことをざっくばらんにお話しさせていただきますが、サラリーマンが不動産投資を始める障壁は明らかに高くなりましたし、3年前は購入できた物件も、今は融資が出ないので購入できないというケースが多発しているという話はよく聞くので、個人間の不動産取引は明確に減少してきていると思います。

 

でも、路線価であったり、公示地価は上がってきていますし、業者から周ってくる不動産の価格も大幅に下がったといわれると、確かに下がってきてはいるけど、そこまで下がってきてはいないという状況が意外と長く続いているなーというのが個人的な感覚です。

 

僕が昨年1棟マンションを購入したエリアの将来の不動産価格がどうなるかという部分は、僕の将来の生活であったり、不動産投資家としてのいくすえに大きく影響してきますが、段々と最寄り駅が連続立体交差事業により高架化することが周知されるようになってきていますが、10年スパンの話になるので、それが直近の不動産価格にどのように影響するかは正直分かりません。

 

僕はここ数年は不動産を買い増す予定はないので、不動産価格はどちらかといえば上がってもらいたい派なのですが、不動産市況がどのように動くかは誰も予想が出来ないので、不動産価格が下落していったとしても、家賃収入の方でしっかり利益を積み上げられるように今はやれることをやるしかありません。

 

そもそも個人間の取引が減少しているのに、未だに全体の価格が上がり続けている要因としては、再開発等の商業関連不動産の取引は依然活発であることに起因していると考えています。

 

そして、今年初めごろはアメリカが段階的に金利を上げるようなことを言っていたにも関わらず、最近はむしろ金利を下げるような発言が度々あります。

 

金利が高くなることによって、不動産投資がより低調になることを予想している方が多かったのですが、少しずつ追い風の側面が強くなり始めています。

 

ただ、確実なのは日本の人口が減少していくことです。

過疎化するエリアも今後も増えていくことは間違いないので、購入するエリアだけは間違ってはいけません。

 

僕はもし今後不動産を購入することがあるとすれば、賃貸需要の面は周到に調べて、購入するに至りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪