みなさんおはようございます。

今日のタイトルの話は、関係ない人にとっては関係ないかもしれませんが、
もし、みなさんが不動産購入にあたって、今後騙されるようなことがあれば、
1つに手法ということで、ご参考にしていただければと思います。

過去にこの話は数回していますが、初めて見る方もいらっしゃるかと思いますので、
まず、私がどういった経緯で騙されたかという話をしたいと思います。

2年ほど前、都内のある物件を購入したのですが、その際、マイソクには修繕積立金が
20,000円と書いてありました。もちろん私はこれを信じ、この想定で、利回りを計算し、
購入まで至ったわけですが、なんと、購入直後に、19,900円修繕積立金が上がりました。
まさに寝耳に水ですよね。

私が、購入した物件は区分所有マンションで、こういった修繕積立金改訂の場合は、
必ず管理組合で議決がとれてから、決定します。ということで、売主である業者も
絶対に知っていたという流れです。許せないですよね。

で、ここからが今日の話なんですが、この上昇した19,900円をどのように補填したか?
ということなんですが、不動産仲介業者の不動産賃貸管理会社への影響力を使って、
上手く補填しています。

具体的には、この不動産仲介業者は、ある不動産賃貸管理会社に、購入後の不動産管理を
任せています。管理会社からしたら、この不動産仲介業者は、顧客なわけですよね。
しかも、この不動産仲介業者、結構大きな会社なので、1年で管理を依頼する物件数もそれなりです。

なので、不動産仲介業者から、管理会社に
「今後も不動産管理を依頼する物件を増やしていくので、この顧客に関しては、物件から入る家賃に加え、上昇した19,000円の部分を合わせて振り込んでもらえないか?」
というお願いをしてもらったわけです。

この話し合いは、簡単に終わらなかったのですが、3か月ほどの議論の末、
結局は、管理会社が、この不動産仲介業者のお願いを飲んでくれるということで、
今に至っています。

しかし、この契約、今の入居者がいる限りとなっています。
今の入居者が出て行った場合、家賃も入らない、この上昇した19,000円の部分も
自己負担という最悪の状態になってしまいます。

そうならない為に、現在売主の業者へ向けての訴訟手続きを進めているわけですが、
これがすんなりいきません。相手が自分の非を認めないわけです。
でも、断固闘い続ければ、必ず結果はついてくると思って、今は、日本でそういった手続きを
進めていただいている方の指示に従って、やるべきことをきっちりやるということをしています。
このように、不動産は一回購入してしまうと、その後トラブルが起こっても、
誰も保証してくれませんし、苦労することになります。

そうならないように、購入前にしっかり吟味し、全ての契約書、最近の管理組合議事録等に
目を通すようにして下さいね。

この話は、まだまだ時間がかかる話だと思っていますが、
何か動きがありましたら、報告させていただきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪