今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は不動産投資と関係はしていますが、どちらかといえば生活全般について、誰もが考えることです。ただ、不動産投資家は物件を購入し続けていくということがあるので、一般の方とは違う視点があるとは考えています。

 

私事ではありますが、5月に正式に入籍することになる段取りがより具体的になってきました。それに伴い、いつから同棲を始めるかという部分もより具体的に話を進めているところですが、どこに住むのか?という事と同時に、賃貸にするのか?持ち家にするのか?という部分についても話が上がり始めました。

 

もともと賃貸にしようと考えていたのは、今回住もうと考えている場所は、購入した1棟マンションとの距離が近く、何かあった時にすぐに駆け付けられるようにという要素で選んだ面が強く、継続的にそこに住み続けるか否かは分からないからという事でした。つまり、一時的な住まいだと考えているので、購入ではなく、賃貸と考えていたという事です。

 

ただ、購入した場合、住宅ローンを使用して今の大体の金利で35年間の融資期間でローンを引けたとすると、自分達が住もうと考えている家賃帯を支払えばどれくらいの物件に住むことが出来るのか?ということも分かってきます。

 

比較してみると、今の金利情勢では購入したほうが、同じキャッシュアウトでよりグレードが高い部屋に住むことが出来るということが分かりました。

 

ただ、初期費用の面では、賃貸の方が低いです。それは間違いありません。

購入した場合は、物件価格の7%~10%ぐらいの金額が諸費用として発生するので、それを考えると購入の方が初期費用は高いです。

 

相手も自分の資産にならない家賃を支払い続けるのはもったいないと考えていて、購入にはどちらか言えば賛成しています。ただ、今の物件高騰期に購入することが本当に良いことなのか?そこは疑念があります。まだ数値を精査中ですが、色々と考えて、決めていきたいと思います。

 

今後どの程度日本に滞在するのか分からないので(海外駐在の可能性もあるので)、このタイミングで購入することが良いことなのかどうかも不明です。会社の社宅制度を上手く活用すれば、賃貸で住む場合、帰国した時に会社から補助が出るので、そういった制度があるというのも、購入をためらう要因ではあります。

 

色々考えると、やはり今は賃貸にしておいた方がよさそうな気がしますが、一応検討はしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪