cash-register-78741_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からまた1週間始まりますね。

この調子だと、今週末には桜が散ってしまいそうですが、

なんとか週末まで持ちこたえてくれることを祈るのみです。

来週初めから仕事がマックスで忙しくなりますが、その準備をきっちりしたいと思います。

 

さて、今日は賃貸経営の自動化2弾目ということで、昨日お話した名刺配りの話以外の話をしたいと思います。

 

ある程度、その地場で人脈を作り上げたら、あとはいかにして効率的に部屋に関する情報を不動産屋へ伝達するかです。この部分は、正直僕もできていません。

というか、考えて必要だという事は分かっていたのですが、時間がそれなりにかかることが想定されるので、先延ばしにしてしまっています(笑)

 

僕が思い描いているベストの方法は、それぞれの部屋、マンションごとにホームページを作成して、そのホームページを見れば、全てが分かるというたぐいのものを作成することです。

 

これを自分でやろうと思うと、それなりの時間とお金がかかります。

1回、このようなことができるソフトウェアがないか探していたところ、

僕のブログのタイトルにもある「不動産王」という名のソフトウェアがあることが確認できました。しかし、使用料金が月額単位で発生するので、その分、キャッシュフローが悪化します。しかも、1ホームページあたりいくらという料金の設定だったので、

5部屋所有している僕にとっては、結構なコストになることを考えて、そのプロジェクトはやめにしました。

 

代わりに何ができるのかというと、やはり、マイソクをそれなりのものにしていく

という事かなと思います。僕が物件を購入したときのマイソクというのはいまだに保管しており、空室になった際には今現在それを転用して使っています。

 

僕のリサーチはまだそこまで進んでいませんが、マイソクを作成するソフトウェアなるものも存在し、それは1回ダウンロードして、料金を支払えば、その後のメンテナンス費用的なものは発生しない為、上記のホームページ維持費用と比べたら大分費用的にはメリットがあるのかと思います。

 

ということで、僕が今考えているのは、今年中に、このマイソクをアップデートし、より分かりやすい形で不動産業者に伝えることが出来る準備を整えておくという事です。

 

そして、最近の不動産屋は少しずつデジタル化してきているので、

データ版も保管しておき、求められたらメールで送付すようにしようと思っています。

 

その際、おすすめのソフトウェアであったり、作成方法を発見したら、

このブログで共有させていただきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪