みなさんおはようございます。

今日は日本は祝日だと思いますが、中国では普通に出勤です。
海外に来て思うのですが、日本て祝日多いですよね。日本人でありながら、
今は中国側の基準で働いているので、日本で働いている人を羨ましく思います。
まぁ、日本に帰ったら帰ったらで、残業が多くなったりするので、
ないものねだりと言えば、そういうことになってしまいますが。。。

さて、今日は定価があるサービスと定価がないサービスについてお話ししたいと思います。
おそらく、言われれば確かに!ということになると思いますが、

そういう観点で見たことがない方が多いと思いますので、紹介します。
まずは、以下をご参照下さい。

・定価がなく、商品・サービスの質に大きな差のある業界

1.
金額、施工内容が素人にはわかりにくい。
悪徳業者が多い。

2・税理士、弁護士
報酬やサービス内容が素人にはわかりにくい

3.医者や塾講師など
個人によって、スキルが異なる

4.
情報がオープンではない。
サービス内容が素人にはわかりにくい
悪徳業者が多い。

・定価があり、商品・サービスが均一の業界

1.チェーン展開をしている飲食店(コンビニエンスストアを含む)
→どのお店でも料金が同じ
→取扱商品が同じ
→接客対応をマニュアル化している

いかがでしょうか?

こうして見てみると、賃貸業界は、飲食店や電気量販店等と異なり、定価がなく、商品・サービスの質に大きな差がある業界であることに気付くと思います。

こういった環境下では、知識・経験が豊富な不動産投資家は値切り交渉を最大限行い、
知識・経験が乏しい不動産投資家は、コスト感覚がなく、知識・経験が豊富な不動産投資家に比べ、損をする可能性が高くなるということが言えます。

不動産価格なんて、本当に定価はありません。
売主が決めた値段に、強制力などないわけですから、
合理的な論理を使えば、値切り交渉は可能です。

その値切り交渉の結果、平気で100万円、200万円
価格が下がったりします。確かに、物件価格自体が何千万円、
何億円という中での、100万円、200万円の値切りだと、
割合的には少なく感じるかもしれませんが、そこは値切りに関しては、
僕は、割合ではなく、絶対額で考えるべきものだと思っています。

この感覚に関しては、もちろん机上の勉強も大事ですが、
経験が何より必要です。この土地で、この賃料で、この物件価格って高いなー
と思ったり、このリフォーム会社の請求費用、この前依頼した会社より高いなー
と思ったりする感覚というのは、もう経験以外にありません。

ということで、こういった環境下だからこそ、なおさら、
まずは自分でやる、自分で動く。
これは大事にしていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪