今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

現在2室の空室が発生していますが、その内1室は既に内装リフォームが完了し、いつでも内見が出来る状況です。時期的に繁忙期ではありませんが、なんとか空室を埋めるべく鋭意努力中です。

 

募集を行う上では、内見をいかに増やすかというのが重要です。

内見をしてもらうために賃貸物件募集サイトに情報をアップいただくわけですが、意外と写真がみすぼらしい物件が多いなという印象を持っています。

 

ということで、大分前に購入した一眼レフカメラを使って、自分で綺麗に写真を撮影し、その写真を仲介会社に送付して、SUUMO等の物件情報サイトにアップいただくよう動いていこうと思っています。

 

この作業は通常、仲介会社の方にやってもらいたいところですが、おそらく一眼レフで、しかも広角レンズを使用しての撮影を行っている会社というのはあまりないと思います。SUUMOの物件情報を見ている限りは少なくともほぼそのような写真はありません。

 

内見があっても、成約まで至らないケースは多々ありますが、少なくとも内見がない限りは、成約まで至らないことが大多数です。部屋を見ないで申し込みが入るような物件であれば、ここまで空室対策をする必要はそもそもないわけですし、そういった物件は利回りが低めで、常に満室稼働させていないとキャッシュフロー的に周らないというケースが多いので、トレードオフではあります。

 

一番の課題は募集を既にお願いしている業者にどのようにして写真データを共有するかです。今までやったことがないので、初めての経験になりますが、管理会社に聞いたところ、この話は募集をしている仲介業者にとっても、物件の写真情報のクオリティが上がるという意味で悪いことではないので、ウェルカムであるということ。

 

やり方としては、電話をして、自分が撮影した写真を是非利用してほしい旨を伝えて、データを送付するという流れで大きな問題はないとのことです。ただし、その写真データで更新をしてくれるか否かはその業者のやる気であったり、繁忙さによるので、そこまでは指導できないとのことでした。

 

それと、この写真を掲載してくださいというお願いは、今既に募集サイトの僕の物件をアップしてくれる業者にお願いしようと思っています。僕が募集をお願いしている業者の中には明らかにやる気のなさそうな業者もいるので、そこにはお願いしません。

 

こういった細かい作業が空室期間の短縮化につながっていくと思うので、コツコツやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪