今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

僕が所有している区分マンションの1戸で西荻窪駅近のものがあります。

西荻窪を知っている方は分かると思いますが、北の方面に伸びている道路が狭く、実はあの道路戦前戦後くらいのタイミングで計画道路に指定されていました。

 

ただ、計画道路に指定されても、その後事業認可まで至ることはなく、何も変わることがなく終わるというパターンの方が多いという印象を僕個人的には持っているのですが、西荻窪駅周辺の道路は4月上旬に事業認可がされるようです。この情報は杉並区に確認した情報なので、事実です。

 

地元住民の方は、道路拡幅により街並みが害されてしまうことを嫌う方も多くいらっしゃって、抗議活動をされている方もいるようですが、事業認可は計画通り取るようです。

 

事業認可されると、そこから10年以内に事業を終えるスケジュールで進めるらしく、まず始めに行うのが用地補償になる訳ですが、僕が所有している物件はその施行区域内なので、この用地補償には関わってきます。

 

僕としては、この物件はもうすぐで築50年になってしまう物件なのと、既にローンを完済している物件で一定程度余裕があるため、この機会に建て替えでもしてくれないかなーと思っているので、50名以上の区分所有者がいるマンションなので、そう簡単には建て替えとはいかないと思います。建て替えをするには、全体の4/5の議決権を取れなければならないため、古くから住んでいる方もいると思いますし、金銭的にも余裕がない方もいると思うので、実現は難しいのかなと思います。

 

こんな感じで日本には建替えたいけど、建替えられないマンションが多くあります。

既に築40年以上の物件は80万棟以上あり、これが20年後には4倍の320万棟まで拡大する統計が出ているようです。

 

本当に立地が良ければ、大手デベロッパーが買い取って、建て替えをするというケースもあるとは思いますが、そんなに立地が良い物件ばかりでもありません。僕が所有している物件が徒歩5分圏内なので、もしかしたらと少しは期待しつつも、ほぼそんなことはおきるはずないと自制していますw

 

いずれにしても、4月上旬ということであれば、そろそろ事業認可が下りると思うので、事業認可が下りてからは、多少動きがあるかもしれません。ただ、1,2年で大きく変わる話ではないので、中長期的に見て行きたいと思います。その間に今の入居者が退去する可能性大なので、その後のケアも含めて、この物件についてはそろそろ真剣に保有方針を決めていかなければなぁと感じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪