みなさんこんばんは!

5月に受験したHSK6級ですが、周りの方々の助けもありなんとか合格することができました。そして、6月からHSK7級に挑戦すべく、日々活動をしていたわけですが、結局合格できずに終わってしまいそうです・・・。

HSK7級とは何か?おそらく、インターネットで調べても検索することはできないと思います。なぜかとういうと・・・僕たちが勝手に作ったものだからです(笑)HSK7級とは、英語・日本語を話すことができない女性を口説き落とせるか落とせないかという、残り中国での期間が1箇月だからこそ挑戦できる試験です。

僕は、大学と外部のスクールで中国語を勉強していたわけですが、よくよく考えてみると日本に興味がない中国人とはあまり話したことがないなぁと思い、色々クラブに行ったり、日中交流会に行ったりしていたわけですが、二人出会うことはできるものの、口説くとなるとやはり6箇月の中国語だと厳しいなぁというのが、正直な感想です。

まず、人によっては、中国語が早すぎて何を言っているのかわかりません笑。そして、クラブ等周りに音楽が流れている場所で話すと、なおさら聞き取れません。こういう時に気づかされるんですが、コミュニケーションをする上で一番重要なのは相手の話を聞くこと、でないとコミュニケーションはできません。最悪、相手の話を聞くことが出来れば、簡単な言葉でも、回答することさえできればコミュニケーションすることができます。

これって、何をする上でも同じですよね。日本であっても、例え相手の言っている意味が分かってもそれを分かろうとしなかったり、それをはなっから否定するような姿勢で話を聞いた場合、おそらく良いコミュニケーションをすることができません。相手が何を求めているのか?結局はそこだと思います。それが分かればそこを攻めていけば良いわけですから。

そして、不動産投資においてもコミュニケーションは非常に重要です。空室対策の際、管理会社を回り、色々と物件の説明をするわけですが、そこではコミュニケーションが求められます。また、リフォームの際に、リフォーム業者と話をする際にも、コミュニケーションは求められます。
中国語を使い、中国で生活することと不動産投資は一見すると全く違うことのように見えますが、どこかでつながっていると思い、7月からも中国での生活を頑張っていきたいと思う今日このごろです。

7月からはとうとう念願の海外勤務が始まります。それと同時に不動産投資の勉強も再開しようと思っていますので、みなさんにお伝えできることがあれば、またその都度お伝えしていきたいと思います。
では!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪