今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
とりあえず今月が山場です。なんとか切り抜けていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

所有している1棟マンションの方で相変わらず入居者募集を続けているところですが、早速解約通知が来てしまいました。早速といっても、購入後半年以上経過しているので、自然発生ではありますが。

 

7月下旬より入居者募集を続けている部屋は、ある程度お金をかけてデザイナーズリフォームを行い、その分家賃を上げて募集をしているというものではありますが、当初は20代後半の男性をメインターゲットにしていたものの、意外と女性が内見しに来るというパターンが増えてきています。申し込みが一回入ったのですが、それも20代女性でした。(会社から家賃補助が出ずに、却下になってしまいましたが・・・)

 

ただし、これが出来たのも、購入時の空室は一定期間空室保証が出ているからでした。だからこそ、強気にデザイナーズリフォームを行って攻めることが出来たのですが、これである程度の反響があれば、次のトライしたいところだったのですが、反響はあるものの、中々決まりません。

 

今回の解約通知を受けた部屋に関しては、空室保証は出ずに、家賃減額分は自分の収益減につながっていきます。ということで、強気に出づらい、かつ、デザイナーズリフォームを行った部屋で思ったような結果が出ていない状況なので、通常のできる限り安くリフォームを行って、それなりの広告費を支払って、家賃も相場家賃で募集するという戦略に戻すか否か迷っています。

 

もし、資金的に余裕があれば、まだこの家賃アップ戦略を進めていきたいところなのですが、今は色々お金が出ていく、またはお金が返ってこないというトラブルに見舞われ続けているので、そこまで余力はありません。精神的にもですが。

 

ここは前線で入居者募集をやっていただいている管理会社の窓口営業マンの方に意見を聞いてみようと思います。家賃をアップできたとしても、それによって空室期間は2,3か月長引いてしまうようであれば、収支が見合いません。また、精神的にも長くなればなるほど余裕はなくなっていきます。

 

そういったことを考えると、通常の戦略に今回は戻すことになるとは思っています。

まだ購入してそこまで時間経過していないので、私も試行錯誤ではあります。

自分の勝ちパターンのようなものを見つけるべく、考えながら動いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪