booklet-448251_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日はゴールデンウィークの中日ということ、かつ、平日なので、

仕事されてる方の方が多いんですかね?

嫌味になってしまうかもしれませんが、今日は有給休暇を取得しています(笑)

天気予報によると、晴れだったはずなんですが、思いっきり曇りですね。。。

今日は一日外出するので、なんとか晴れてほしいものです。

 

昨日は試験勉強をしたり、本の執筆作業についてレビューをしたり等々

こもって色々整理していたのですが、入居者募集についても、一応レビューをしておきました。今回も基本的な作業は同じです。

 

6月の中旬が退去日なので、1か月前の5月中旬に一度、その部屋の周りにある不動産屋にあいさつ回りをしに行く。その際に、マイソクを手渡し、入居者募集のお願いをするとともに、リフォームのお願いをする。

 

一点心配しているのが、リフォーム費用です。

 

今回退去される入居者は6年住んでいたらしく、おそらく、それなりに汚れていると思われます。今回は、デザイナーズリフォームといった洒落たことはやらずに、できる限りコストを削減して、入居者募集に臨みたいのですが、部屋の中を見てみて、汚れ具合次第といった感じです。

 

明らかにデフレに進んでいる日本のこの状況の中で、いくらリフォームをしたからといって、家賃を上げるのはかなり難しいと思っています。特に、僕が今回募集部屋のように、おそらく、他の部屋も募集しているであろう大型のマンションの場合には、既に情報公開されている価格に合わせないと、結果的にそれを参考にされて値下げされるのが目に見えています。

 

ということで、どうせ募集家賃が同じぐらいになるのであれば、普及リフォームの費用は最小限にしたいというわけです。

 

と話が大分ずれましたが、入居者募集の依頼、多ければ多い方が良いと昔は思っていました。

でも、色々やってみると、多く募集しすぎると、賃貸サイトに同じ部屋がかなりアップされることになり、一般の人からすると「あれ?この部屋また載ってるんだ。そこまでしなければいけないってことは何かあるのかも?」と思われたりすることもあると聞きますし、

多すぎると、僕の方でも状況フォローに手間がかかってしまいます。

 

また、やりすぎると、他の不動産屋のモチベーションにも影響してきます。

10社に任せていることを不動産屋が知った場合、自分1社だけに任せてもらった場合と比べて、モチベーションが下がる理屈と同じ理屈です。

 

ということで、今回は5社くらいに入居者募集とリフォームの見積もり依頼をしたいと思っています。まだ1か月半先の話ですが、こういうことは早めに準備しておくことに越したことはないです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪