NAT77_puruside500-thumb-260xauto-2972-thumbnail2
みなさんおはようございます。

北京に来て、再び中国語レッスンを開始して、既に8ヶ月程度が経ちました。
もともとは、北京に来たら中国語の勉強などしないつもりでしたが、やはり、
半年間だけの語学研修では、仕事上必要なレベルまで達してないと痛感したので、
継続しています。平日は、夜急遽飲み会などが入ることが多く、週末6時間レッスンを
受けるようにしているのですが、そうすると、なんだか週末だと思えないような週末になってしまいます。

でも、明らかに効果は出ており、中国語力もだいぶ上がりました。
会社から補助がでる、7月中旬までは継続し、そのあとは、北京ライフをより楽しみたいと思っています。

サラリーマンという環境、僕であれば経理部という環境、中国滞在という環境、人間どれもがその時にいると、当たり前だと感じてしまうことがあります。そして、その時を過ぎると、「あぁ、このときこうしておけば良かった」とか思うことってありませんか?

人間ってほっておくと、現状の環境の甘えてしまう生き物だと思います。
昨日、去年番組ではあるんですが、ダルビッシュ投手のインタビュー番組を見ました。

メジャーに行ってからも、活躍し続けているダルビッシュ投手ですが、あれだけ活躍している投手であっても、常に変わろうと努力をしています。野球の世界は、今年は通じても、相手側の研究、またはコンディションの変化によって、去年は投げられていた球があまり変化しなくなったり、ストレートも速くなったり、遅くなったりするそうです。若干ではあるとは思いますが、その若干が大きな差を生むのが、スポーツの世界です。

スポーツの世界では、上記のように変わらないと、結果がでなくなるという切迫感があるので、変わっていかざるを得ません。その努力ができない人間は、直ぐに淘汰されてしまいます。

でも、多くの人が生きているサラリーマンという環境下では、そういった結果がすぐ現れません。5年、10年たってから、そういった努力の形が現れてくるのではないでしょうか?

ただ、最近サラリーマンの世界であっても、現状の環境が永遠に続くと思えない状況が続いています。日本の会社では、終身雇用制というのがいまでも、大企業を中心に実施されていますが、日本の企業であっても、実力主義で、採用・解雇を行う会社が増えてきています。

大企業であっても、僕には、東京電力で働いている知り合いがいるのですが、不測の自体で、給料が下がったり、社会からは犯罪者扱いされるなど、従来、安定と言われて企業までもが、こういった状況に陥ってしまう可能性がある世の中です。

そういった世の中、僕は、サラリーマンとしてのサラリーしか収入源がないというのには、恐怖があります。

また、自分が独立をしたとしても、こういった舵取りによって、破産に追い込まれてしまうかもしれない環境下で、一つのビジネスからの収入でやりくりしていくのは、やはり怖いです。

ただ、この世の中、完全に安定している収益源というのは、残念ながら、ありません。リターンがあるものは、必ず何らかのリスクを抱えているのが通常です。

限られた投資の中で、安定的にキャッシュを生み出してくれる投資というのは、僕はやはり、不動産投資かなと思います。完全に安定とは言えませんが、相対的には、やはり安定しています。

とはいえ、結局は自己判断です。
全ては、人生後悔しないためです。

人間死ぬときに大きく分けると2つのことで後悔する方が多いそうです。

ひとつは、生きているときにもっと家族を大事にすればよかったという類の後悔。
もう一つは、生きているときにもっと冒険をしておけばよかったという後悔。

複数のキャッシュポイントを作るというタイトルにしましたが、僕は、常に変わっていくこと、
向上心を持って、生活、自分の能力を継続して上げ続けていくこと、これは人生において重要かなと思っています。若いときは、少しの差かもしれません。

しかし、それが5年、10年経つと、大きな変化を生むと実際信じています。

その時のために、現状に満足せず、常にハングリー精神をもって臨むこと。

現状に満足せず、複数キャッシュポイントをつくること。これは、時間がかかる方もいらっしゃるかもしれませんが、是非お考えいただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪