今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
花粉症の薬を飲み始めてから大分楽になりました。

人気ブログランキング

 

 

行動していれば成功する。

行動量と成功は比例する。

そんな考えが一般的だと思います。

 

僕もそう思います。

ただ、そう思いたいというのもあります。

 

不動産投資の資産規模拡大には様々な方法があります。

それらの方法には一長一短があるわけですが、自分の目標とするキャッシュフローとそのキャッシュフローの達成時期について明確にしてからすべてが始まります。それが不明瞭だと、進みません。

 

短期間に資産規模拡大をする手法はあります。

有りますが、限られた時間の中で、多くの不動産を購入していくには、それなりの判断力、知識、経験が求められるので、不動産投資の経験がない方が挑むにはリスクもあります。

 

であれば、まったり資産規模の拡大をしていくという手法もあります。

しっかり物件を見て、一番良い金融機関を使って、じっくりキャッシュフローを貯めながら、ゆったりと資産規模を拡大していく。その間に賃貸経営の経験を積んで、不動産投資家としてのレベルを上げていく。そんなやり方をあります。

 

一番やっちゃいけないのは、資産規模を拡大していきたいと思っているので、1つの物件を購入したら終わってしまう手法をとること。そして、その物件の条件があまりよろしくないということです。

 

なんで、推奨は始め3か月ぐらいは経験を積むつもりで、業者周りをすると決めて、業者を回っていくという方法です。ただし、セミナーに参加すると、個人面談がセットになっていることが多く、その場で物件を紹介される可能性もあります。その物件が本当に良いのか悪いのか分からない経験や知識しかないのに、業者が優良物件ですと言っているから購入したというのはやはり危険です。

それで、それが本当に良い物件だということももちろん全然あるとは思いますが、確率論的に、危険性があるということです。

 

知識や経験、自分の立ち位置があっても行動であれば、行動と成功は比例していくとは思います。ただ、こと不動産投資に限っては、知識や経験もなく、とにかくセミナーにいきまくる、業者に物件を紹介してもらうということばかりやっていると、危険も伴います。もちろん、現場の生の声を聞きながら、経験を積んでいくということもありなんですが、もろ刃の剣というかなんというか。

 

なんで、最初は小さく始めて大きくしていく。という手法が一番再現性があると言われているんだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪