今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
今週金曜日はお気に入りの韓国料理屋に行くのでウキウキですw

人気ブログランキング

 

 

世間一般的に行動力がある人は成功しやすいというロジックってあります。

僕も未だにそういう思考があるのですが、不動産投資の特に初期の頃はこのロジックが成り立たないと最近は思っています。

 

僕の不動産投資仲間に既に4億円近くの規模で不動産投資をしている人がいます。

彼は行動力は半端ありません。この1年足らずでここまで融資を受けられたことに加え、色んな業者と会っています。

 

これに限らず、車の輸入輸出をやろうとしていたり、とにかく独立精神が高い人です。

 

しかし、問題がちょっとあります。

勢いは良いけれども適正な判断が出来る知識が欠如しているという点です。

 

彼自身は人当たりがかなり良く、誰からも好かれるような性格をしています。

しかし、不動産投資をやろうと考えて始めるまでが非常に早かったのです。

 

確かに、僕が不動産投資をやっているということは彼には結構行っていましたが、彼にやって欲しいから行っていたわけではなくて、1つのネタとして話をしていただけです。

 

1年半前の一昨年年末にいきなり彼から相談を受けました。

そしたら、販売図面を見せられ、全く土地勘がない熊本県。

彼もほぼ土地勘はないけど、実際に行ってみて立地は問題ないので、やってみようと。

 

ただし、規模が大きすぎました。

金額が2億円弱、しかもス○ガ銀行での融資。

家賃保証制度を使用して1か月に入ってくる最終的な手残りキャッシュフローは10万円程度。ここから年間約60万円程度の固定資産税が引かれているという話だったので、あまり手残りはありません。

 

しかも、家賃保証なんてあてになりません。

 

この投資案件は絶対にない、やめた方が良いと彼には言ったのですが、

彼の中で今やらなければいつやるの?的な考えがあり、投資を決めました。

 

その後、地方を狙ってス○ガ銀行で買い増しをしているのですが、

とにかく不動産業者とは多くあっています。僕の行動量の比ではないと思います。

 

しかし、知識がなく自分で本当に良い物件かどうかを精緻に判断が出来ないし、

自己資金もあまりないことから、全てフルローン、しかも金利4.5%という状況・・・

 

今はそれなりにキャッシュフローが回っているみたいですし、金利を1%下げる交渉が成功すれば、会社をやめると言っているのですが、僕的には彼の思考はかなり危険です。

 

個人の信用が大分傷ついている状況のため、今後の拡大が厳しい状況に加え、今の会社を辞めるほどの賃貸経営安定性もない。仮に、資金繰りに困って、物件売却にのりだしたとしても、この高騰期に購入している為、売却損の可能性が非常に高い。

 

活動量を多くするのは経験値を上げるため、良い情報を仕入れるためには絶対に必要なことですが、それを自分で判断できる器が整ってからの方が宜しいかと。それが整っていないうちはやはり小規模から始めるというのが無難です。

 

人には向き不向きがありますからね。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪