roundtable-828546_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からまた1週間始まりますね。

今週いっぱいで仕事が一旦区切りがつくので、

楽しみながらも頑張っていきたいと思います。

遅くても19時退社!これが今週の目標です(笑)

 

金曜日に滑り止めだと考えていた金融機関から融資を断られ、

ショックを受けていたこの土日でしたが、他に何か策がないか?

ずっと考えていました。

 

フラット35の話は結局、一棟マンションの購入に使用することは、

厳しいという結論至りました。一棟マンションにおいて、自分が住む賃貸面積分に関しては、融資が出ることは出るらしいのですが、賃貸面積以外の部分に関しては、融資が全くでないとのことで、そこは自己資金になるとのことでした。

 

ということで、この方法は厳しいです。

結局、頭金をかなりの金額いれて、融資が下りる都市銀行と全く同じ考え方になりますので、ただ、融資期間が物件の耐用年数・経過年数に起因しないのはありがたいことではありますが。

 

そこで考えた方法は、提携銀行をたくさん持っている大手の不動産会社に金融機関を斡旋してもらうということでした。今回の売り主側の仲介業者は幸い、大手の不動産会社であり、おそらく斡旋できる金融機関をたくさん持っています。

 

使える可能性があるものはできる限り使う。

これが基本です。

 

ただ、若干ひっかかるのは、彼らは売主側の仲介業者であっても、

僕側の仲介業者ではありません。今回はこの僕側の仲介業者が金融機関を

斡旋することが出来ないという事で、売主側の仲介業者に頼まざるを得ず、

お頼みをしようかと考えていますが、僕に融資可能な金融機関を斡旋したとしても、

僕からの仲介手数料はもらえません。売主からの仲介手数料はもちろんもらえますが。

 

ということで、今日、その大手の不動産会社に僕側の仲介豪奢さんから連絡をしてもらい、

相手の不動産業者の温度を探りたいと思います。そこで、喜んで融資のあっせんをしてくれるとのことであれば、その話にこちらも喜んで乗りますし、

やはり、インセンティブがないとできないとのことであれば、

僕が直接そこの業者とつながって、仲介手数料をその業者へお支払いすることも

最悪は考えています。

 

どうなるかは相手の反応次第という事なので、

とりあえず、やるだけやってみて彼らの返事を待ちたいと思います。

 

それと同時に、融資が下りなかった金融機関に預けたかなりの金額の

キャッシュを回収する必要があります。それも面倒ですが、次に良い物件が見つかった時に、キャッシュを出しやすい金融機関にお金を置いておきたいので、今週中に

キャッシュを移しておきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪