今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今日で10月も終わり、今年も残り2か月ですね。

人気ブログランキング



10月の民泊状況はかなり良く、ほぼほぼ初期投資の2倍を回収した状況となりました。
株式投資でも、投資額を2倍にすることはそこまで多くないという印象なので、この時点で民泊を始めたことは大成功だと感じています。

ただし、昨日の記事でも書いた通り、来年から状況は一変するかと思うので、そこら辺の準備はぬかりなくやっていきたいと思います。

ということで、明日から11月になりますが、11月の民泊経営状況です。
11月は10月が始まった時点では、50%ぐらいの稼働率という状況で、かなり心配していたのですが、この1か月間でそれなりに埋まり、稼働率は90%超となっています。

しかし、宿泊料金を大分下げたので、収益はそこまで高くありません。
恐れていた赤字にならなかっただけでも良しとしたいと思います。

10月は特に大きなトラブルもなく、レビュー低下によるリスティング停止警告も届くことはなかったので、ひとまず危険水域からは脱したのかなと個人的には感じています。ただ、1件、クレームを受けていて、それによっては宿泊料金が若干下がるかなという感じ。

12月は今のところ、下旬はほぼ埋まっているものの、上旬はまだ空きがそれなりにあります。それに加え、12月は2部屋の更新料支払月と契約書上ではなっているので、2部屋分の更新料を支払うと、利益はそこまで大きくない状況です。まあ2年間問題なく続けられたこと自体は褒められるべきことですけどね。

今後民泊は更に競合が激しくなることが予想されます。
僕は今月で民泊を始めて2年4か月程度となりますが、初期投資をした月以外の通常運営をした月で赤字になったことが今のところありません。

だからと言って、そこまで労力をかけていることはなく、今は全自動です。通常の賃貸経営のように空室という概念がない分、むしろ賃貸経営より楽です。

飲食店を営むと3年間以内で店を閉めてしまう人がほとんどと言われているので、それを考えると、民泊の経営難易度でかなり低いんだと思います。それは不動産投資にも言えることですがw

結局、最初の設定を間違えなければ上手くいくってことだと思っています。
その後の経営にそれほどの能力は求められません。設置型ビジネスのポイントは初期設定だと思っています。

この民泊経営をいつまで続けられるか分かりませんが、出来る限り利益を吸い上げて、それを賃貸経営の基盤強化につなげていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪