皆さんこんにちは!

今週水曜日に、若手不動産投資家の定期的な集まりがあったので、
その中であった、興味的な話についてお話ししたいと思います。
僕が主催を行い、毎月二回程度、20代前半~後半の若い不動産投資家で
集まっているんですが、その中で20代前半で既に子供一人いて、二人目が
既に奥さんのおなかの中にいるという状態の男性がいます。

彼は、初めに入居した賃借人に滞納をされたりと色々トラブル続きではありますが、
どんなことにも対応できる大家になろうと、セミナーに行ったり、自分で本を買ったり、
精力的に勉強をしています。

こういった姿勢こそあるべき姿だと思います。

満室だからといって、次へ向けての努力をしない、家賃を維持する努力を放棄し、
簡単に家賃を下げる等、主体的に取り組めない人と、上記のように厳しい状況ではあるけど、
将来の為に、自己投資をしている人では、五年でかなりの差がつくと信じて、僕も彼のような
姿勢で不動産投資に取り組んでいます。

僕と比べて、厳しい状況下で頑張っている彼の姿勢を見て、僕もがんばらなきゃななんて改めて思いました。

やっぱり、こういった交流会で会う人は、仲間であると同時にライバルでもあります。
時には刺激しあったり、時には助け合ったり、大事にしていきたいですね。
僕も、修繕積立金の改訂を告げられず購入した物件については、まだ続いている状況ではありますが、力になってくれる方、またこういった仲間がいるだけありがたいな、感謝しなきゃと思って、「たら」「れば」論はあまり考えないようにしています。

もう、ローンを組んだら、売却なんて考えたら多分負けます。

こうして、不動産投資に関する記事を毎日アップデートすること自体、
大変ではありますが、自分の為になっています。書くためには色々考えなきゃいけないですからね。

不動産投資を実行している方、またはこれから始めようと思っている方、
仲間は大事にしてくださいね。この世界ではかなり貴重ですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪