今日は不動産投資にメリットについて述べたいと思います。
物事について考えるとき、メリットとデメリットは必ず存在します。
メリットは1つでないことが多く、不動産投資のその例外ではないのですが、本日お伝えしたいのは、不動産投資の自己資金利回りについてです。


自己資金利回りというのは、自分が拠出した資金に対してどの程度リターンがあるかということです。


不動産投資では、融資を組むことによって自己資金の拠出額を少なくすることが出来、融資条件によって左右される部分もありますが、自己資金利回りが相対的に高い投資になることが多いです。


ただし、自己資金を拠出しない場合、その後のローン返済額が大きくなります。
そうなると、ローン返済額が家賃収入合計に占める割合である返済比率が高くなり、自己破産リスクは上昇します。


しかし、自己資金利回りが高いということは、手元の現金をあまり使わないで、高い利益を得ているということになります。すなわち、手元の現金がある程度残った状態位なる可能性が高いのですが、手元の現金が多くあれば、自己破産する可能性は低くなります。


自己破産というのは、一言で言えば、ローンを返済できる資金がなくなり、滞納が続いたことにより起こるものです。従って、ローン返済額の1年分の現金が手元にあれば、仮に家賃収入が1年途絶えたとしても自己破産することはありません。


そういった意味でも、手元に現金を残すことの意義は高いのです。


また、手元に現金を残したうえで、利益も上げられる案件に投資し続けられる人は、資産規模拡大も早くなります。というのも、手元に現金があるということは、それだけ銀行の融資審査に通る可能性が高くなることにつながります。


銀行によっては頭金を多く入れてくれという銀行もあれば、預け替えをしてくれという銀行もあります。どちらにしろ、現金をもっておくに越したことはないのです。


仮に現金が余っている応対であれば、返済比率をさげるために繰上返済に利用することもできます。そこは選択できます。でも、頭金や預け替えで現金を使ってしまうと、その後の選択肢はありません。


なので、資産規模を短い期間で拡大していきたいのであれば、現金を出来る限り残しつつ、利益が残り案件に投資していくことが一番の早道です。


そのために、銀行を選定したり、業者と会ったりということが必要になってくるわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪