a0960_006030-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日の夜も大分寒かったですね。
東京も、秋というよりも、もう、冬へ向かって時が進んでいますね。
僕が、中国へ飛び立ったのも、冬まっただ中の1月でしたが、
もうそれから2年が経とうとするのかと思うと、時間が過ぎるのは早いなぁ、
と思うとともに、なんともいえない寂しさも感じます。
今後は、より時間を、大事にしていきたいですね。

昨日は、10月より新丸子の物件が空室になるということで、早速、新丸子駅周辺の
賃貸管理会社に入居者募集をしに行きました。
約2年前、初めての空室対策の時も、新丸子でした。

その時から、2年経ったのかと思うと、かなり前に感じるので、
3,4年経ったように自分の感覚では感じるのですが、街並みや僕が所有している
物件の様子は何も変わっていませんでした。

所有物件に行ってみると、ちょうど、入居者さんの方が、引っ越しをしていました。
入居者さんと直接話す機会もあまりないので、色々話をしてみたところ、
どうやら、もともと、5ヶ月限定ということで住み始めたらしいのです。

契約を決めた賃貸管理会社からは、そんな話全く聞かされてなかったし、
今回、部屋を出ていくというのも、転勤ということで聞いていたので、
おそらく、この5カ月限定ということを言ってしまうと、入れてくれないと思ったのでしょう。

それで、客付けの賃貸管理会社の担当者が嘘を言ったんだとすぐに気付きました。
まぁ、5か月前に、仮に一時的だと聞いていたとしても、
おそらくOKをだしていたんだとはおもいますけどね。

今回は、400m先にある自宅を新築しているため、
その間は住む場所がないので、一時的に住んでいただいたとのことでした。
大分情報が曲げられてますよね。笑
ただ、嘘を言うのは良くないです。

もともと、長く住むということで聞いていたので、一昨日は若干へこんでいました。
でも、もし、5か月で退去することが分かっていれば、それに向かって準備できてましたし、
心構えも違っていたと思います。

こういう身勝手な嘘。
賃貸業界では多いです。

特に、今回の場合は、僕の代理として動いていただいている方が
決めたのではなくて、レインズという業界のサイトを介して、違う会社が
決めてくれたので、嘘をつかれたとしても、僕自身中国に住んでいるということもあり、
確かめることができません。

この嘘、下手すれば、入居者の信用情報、属性とかも、
簡単に変えることができます。大手企業で1000万円の年収がある言っていたが、
実は、年収1000万円の自営業者であったりするかもしれません。

そして、滞納が起きても、知らんぷり、自分は決めただけだし、
管理はやらないからと。無責任にもほどがあります。

しかし、今回不幸中の幸いがありました。
それは、入居者の方が今日家を出て行ってくれるということです。
実際の家賃は9月いっぱいまで支払ってくれています。

ということで、この事情を、僕の代理の方に話し、早速、退去立会い、
リフォームの取りかかりをしてくれとお願いしました。

この時間がいつも1週間くらいかかっているので、
今回は、その期間をできる限り短縮化するのが課題だと思っています。

とりあえず、今日の午後に、その僕の代理の方と色々お話しできる機会があるので、今回は、今年した空室対策の中でも、最速で決めに行くため、色々対策を練りたいと思います。

おそらく今年最後の空室です。
今年経験した空室対策の集大成だと思い、結果を重視したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪