今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
そろそろ引っ越し準備を本気で始める時期になってきました

人気ブログランキング



今日はこれから始めるという方に対するちょっとしたお話をしたいと思います。

ほぼ知識がなかったり、周りの不動産投資をやっているような方がいないけど、個人的に不動産投資に持った方って、いわゆる専門家に相談される方が多いかと思います。

知識がない方にとっては、不動産投資を始めている方にとっては普通の知識であっても、それが知識を持っているように見えることも良くあります。名刺にも不動産コンサルタントと書いてあるし、この人に任せれば・・・ということで、信用したものの、購入すべきでない物件を高金利の融資であてこまれ、大きな傷を最初から抱えてしまうというパターンは良くあります。

実際に、僕の会社同期が違う会社同期に業者を紹介しました。
そして、その業者を信用した会社同期が高金利で購入すべきでない物件を購入し、今は後悔しているという状況があります。

こういった取引では、その会社同期を業者に紹介した会社同期が業者からいくらかバックマージンをもらっています。

良くいる不動産コンサルタントと呼ばれている方で、もし本当に物件の分析のアドバイスであったり、融資戦略のコンサルタントのみだけの関わりであれば信用できるかもしれません。でも、ほとんどのコンサルタントは業者を紹介し、その業者がその相談者に物件を売却できた場合は、物件の数%をバックマージンとしてもらうという流れになっています。

不動産の世界では、自分がウリ側であれば、物件を出来る限り高く売りたい、買主がどうなろうと知って事ではない。自分が仲介業者であれば、物件を売って媒介手数料を得たい、買主がその後どうなるかは二の次。コンサルタントでも、コンサルタント報酬ももらいながら、物件紹介料も得られるという流れを確保することが大事であって、買主のその後について第一優先に考えられない仕組みになっていることが多くあります。

要は、不動産の世界は弱肉強食だということです。
これは不動産の世界に限らずビジネスというのはそういうものだと思っています。

勝つ人がいれば、必ず負ける人が存在します。
勝てる人になるには、人の力を借りるという方法は危険です。
やはり、自分自身で知識や経験をつけていくこと、自分を自分自身で守ること。それが一番安全な方法だと僕は思います。

まずは疑ってかかること。
特に初期の頃は失敗するとリカバリーに時間がかかります。
初期の時こそ慎重に進めていただきたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪