今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

空室になった部屋から自主管理に切り替えるという手法を始めたのが昨年11月に入った頃でしたが、もうそこから半年以上経過しています。その間、3部屋が空室になりましたが、いずれも昨年より早いタイミングで成約となり、その後自主管理となっている部屋についても、順調に運営ができています。

 

今僕はサラリーマン大家としてはやりすぎと言われるくらい動いています。

 

・入居者退去後の室内状況確認及び原状回復工事の決定

・地場業者へのマイソク配り&入居者募集のお願い

・都心業者への電話での入居者募集のお願い

・原状回復後の室内確認及びホームステージング

・仲介業者からの空室確認の電話対応

・成約後のホームステージングの片づけ及び募集停止のご連絡

・入居者入居後の各種対応

 

こんな感じです。

 

文字で書くとここまで自分でできるのかな?と感じるかもしれませんが、意外とできてしまいます。もともと募集については、管理会社に委託していた時も自分で、地場業者にマイソクを配ったり、電話で直接募集のお願いをしたりしていましたし、リフォームについては自分で手配をしていたので、そこまで業務が増えたという感覚はありません。

 

ただ、最近思うのが、今後生活リズムが変わったり、家族が増えたり、海外駐在になったり、自分の時間が今よりなくなることもあり得ます。その時のために、自分がいなくてもある程度まわるような流れを構築しておくことが重要なのかなと前々から考えてはいます。

 

また、将来的に不動産投資の規模を拡大していくのであれば、今のやり方では持ちません。また、今後ライフスタイルが変わっていくことを考えると、自分の業務量の割合が多くなりすぎても、逆にリスクになっていくと考えています。

 

そういったことを考慮すると、やはり信頼できる管理会社を探していくことは重要なんだと思います。今後、今と同じような時間をとれる自信があるのであれば、自主管理を続けていくのがベストだとは思いますが、上記の通りに状況です。

 

今の管理会社でお世話になった担当者が他の会社へ移転し、新たに管理をすすめるということで、管理を移管できないか?というお願いをいただいてはいますが、彼一人に、しかも移転先の会社が設立2年目だということを考慮しても、安心はできないのかな・・・と。

 

ある程度コストをかけても良いので、しっかりやってくれるところ。

そういった管理会社を今年中に探しだし、来年、再来年と徐々に自分がやらなければいけないことを減らしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪