a0002_011918-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日は、会社の近くで有名な羊肉店で同僚と夕食を食べたのですが、
ボリュームの大きさとその安さに驚きました。
肉は羊の肉がまるごと出てきて、重さにすると2.5キロ。
でも価格は、日本円で3,000円程度。こういう時に、中国の物価の安さを感じます。
そのおかげで、今日は完全に胃もたれ気味です。笑

僕は学生の時いつも思っていました。
自分の能力を上げればあげるほど年収は高くなる。
つまり、能力と年収は比例するものだと。

でも、社会人になり、既に5年半が経とうとしているのですが、
そうでもないなと気づき始めてきました。

例えば、現在働いている中国の現地法人では、日本の駐在員と
中国人スタッフの給料が全く異なります。
もちろん、日本人は日本の物価基準、中国人は中国の物価基準に合わせ、
給料が払われているので、違いが出てくるのは分かりますが、
それを考えても、違いすぎます。

しかし、一緒に働いていて良く思います。
やっている仕事はほとんど変わらないし、能力的にも、
年収の差ほどは絶対ないなと。

これと同じで、僕は中国に来る前まで、
ずっと出向という形で、子会社に出向し、
仕事をしていたのですが、子会社のスタッフと
親会社のスタッフの仕事内容はそこまで変わらないのにも関わらず、
給料は全く異なります。

その際も、能力と年収の関連性については
疑問に思っていたのですが、最近、この2つの要素、
関連性はあっても、比例はしないものだと確信しました。

だからこそ、親はよく子供にいい大学に行って、
いい会社に入ることを望むのかもしれません。
それは、仕事が同じ内容であれば、少しでもお金をもらえる仕事に就いた方が、
幸せになれると思うから。

しかしとはいっても、親会社のスタッフの方が、
学歴は圧倒的に高く、全般的な能力は、子会社や海外の現地スタッフ
と比べると、能力的に高いのは確かです。

そういう意味で、関連性はあると言っています。

一方、不動産投資家として成功する人。
これに関しては、能力はあまり関係ないと思っています。
そういう意味で、能力≠収入の世界であることは間違いありません。

資金力、人脈、行動力、成功するための要素は色々ありますが、
僕が思うに、不動産投資家として成功するために絶対的に
必要な事、それは、継続力だと思っています。

何事においても、継続力というのは、成功する秘訣として
必要な事ですが、不動産投資においては、行動の継続力というよりも、
やる気の継続力が必要です。

不動産投資は、誰もが、始める時はやる気があります。
それなりの金額のローンを借りて始める方がほとんどですので、
そもそもやる気がなければ、始めないでしょう。

でも、日々必要な仕事がないビジネスなので、
順調にいっていればいっている人ほど、だんだんだらけてきます。
家賃が入ってくるから、何もやらなくていいや。と。

もしくは、自分の想定通りに、不動産経営がいかなくて、
不動産投資に対して失望感を持ってしまう人もいます。‘

つまり、波がなさ過ぎて、最初のやる気がどんどん減退してしまう人、
波がありすぎて、疲れてしまって、最初のやる気がなくなってしまう人、
大きく分けると2つのタイプがいますが、こうなってしまうと、
成功は厳しいと僕は思っています。

どんなことがあっても、将来の不動産経営安定のために、勉強し続けられる人、
研究心を忘れず、定期的に新しいことを試す人、
他の不動産投資家との交流を絶やさない人。
こういった人が成功できると思っています。

言いたいことは、不動産投資においては、
個人の能力ではなく、常に探究心を持ち続けられる人、
それが成功の絶対条件だということです。

言うはたやすいですが、これ結構難しいです。
僕の周りは上記2タイプのどちらかになってしまう人が多いですし。
僕自身も、常に探究心を持ち続けられるよう、
まずは、何年経っても、このブログは続けていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪