今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
今日は3月から入居開始する入居希望者との部屋内見です。初めての体験なので、楽しみながらも適切な対応をしていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

今現在、空室予定の部屋は既に申し込みをもらっており、解約通知がまだ出ていない状況なので、今のところ入居者募集をする必要がない状況ではありますが、いつ空室が出てもおかしくない状況なので、粛々と準備を進めています。

 

ということで、自分への確認も含めて、もしここ1,2週間の間に解約通知が出た場合の動きについて、何を準備しておくべきか考えてと思います。

 

原状回復のリードタイム短縮

~1週間で入居可の状態に~

まずは、繁忙期の入居希望者の申し込みをゲットすることが第一優先なので、とにかく早めに部屋を入居可能の状態にする必要があります。

 

とは言っても、この時期はどのリフォーム業者も繁忙期で猫の手も借りたいくらいと言うのが実情なので、原状回復のリードタイムが長くなってしまう傾向があります。そこをできる限り短縮化するというのが1つの大きな課題です。

 

もちろん、退去した部屋の状態にもよりますが、通常の状態であれば、特にお金をかけずにそのまま貸してしまうというのも1つの手段だと思っています。これは繁忙期だから許されることですが。

 

ただ、通常は最低でもルームクリーニングをする必要があるので、自分でルームクリーニングが出来ないのであれば、業者に依頼する必要があります。そこで、日ごろからの業者との関係性が重要になってくると僕は思っています。

 

日ごろから、定期的に業者に依頼をしていて、無理やりな値下げをしない、自分と組むことによってその業者は儲けを得ているというWIN-WIN関係が築けていれば、予めおそらく3月中に空室が数部屋出るので、なるはやでやってくださいといっておくことは出来ます。

 

しかも、自分の部屋は20㎡程度の1Kタイプの部屋なので、リフォームにそこまでの時間は要しません。ということで、予めお願いをしておく、もし3月に解約通知が出なかったとしても、その次に空室が出た場合はお願いしますのでということは言っておく(言うだけでなく本当にお願いをする)ということはしています。

 

通常の空室対策であっても、この原状回復のリードタイムを短縮するというのは結構重要ですが、春先に関しては特に重要なので事前連絡はしておくようにしています。

 

近隣仲介業者への入居者募集依頼の準備

~1社でも多く依頼をする~

あとは、客付けをしていただく仲介業者への連絡です。

僕の場合は、管理会社が代わりにやってくれる流れにはなっていますが、自分自身でも店頭に出向いて入居者募集のお願いをした方が効果は高いと思っています。

 

また、客付け業者は多い方が良いです。とはいっても、明らかにやる気がない会社に対しては募集の依頼をしても全くやってくれないので、そういった会社に関しては連絡はしないようにしていきます。そうすると、客付け仲介業者のリストのようなものが出来上がっていきます。

 

このリストの会社を増やしていくことが空室期間を短くすることにつながると僕は思います。ということで、今は僕の物件最寄り駅のアクセス駅近くの業者にしか募集依頼をかけていなかったのですが、1,2月で物件近くの最寄り駅から3,4駅位離れた駅付近の仲介業者にも電話で確認をした上で、物件紹介をしているエリアに入っているのであれば、募集依頼をさせてほしいという連絡をしています。

 

こういった試みはすぐには結果は出ないと思いますが、ジャブのように徐々に効果が出てくるものだと思っています。特にこの繁忙期に関しては、どこの業者もやる気マックスでもともと定休日を設けている会社も無休にしている会社が多くあります。

 

ここで1回関係を持っておけば次回に決めてくれる可能性もあるので、やる気のある会社リストを整備し、解約通知が出たらすぐに依頼できるような流れにはしています。

 

心の準備をしておく

~何事も初動が重要~

最後にベターですが、解約通知が出た時の自分の心の準備をしておくことです。

これは繁忙期というより、賃貸経営全般に関することですが、賃貸経営をしている限り空室は必ず発生します。

 

僕は1棟マンションを購入するまではファミリータイプを5部屋程度しか所有していなかったので、空室が発生しても年に1回というペースでしたが、1Kタイプ24部屋の1棟マンションを購入すると、年に1部屋しか空室が発生しないなんてことはあり得ません。

 

既に今年は2部屋空室が発生しているわけですが、通所のペースだとあと2,3部屋位は空室が発生します。解約通知が出た時に、へこむのではなく、なるべくその部屋を早く埋めるために動くことが大事です。

 

 

1棟マンションを所有して1年が経とうとしていますが、最初はこのペースで空室が出ることになれていなかったのが、最近慣れ始めてきました。慣れは大事ですが、それと同時に初動をどれだけ早くするかというのも重要です。

 

ということで、早く動けるように心の準備はしておくようにしましょう。

 

ということで、もし解約通知が出た場合に繁忙期内に申し込みをゲットするための準備についてお話させていただきましたが、何事も備えあれば患いなしです。

 

それは賃貸経営にも言えることなので、もし現時点では満室であっても気を抜かずに、準備できることは準備しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪