今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今回空室になった部屋を利用して、給湯器を交換した場合の見積もりを取ってみました。

それもかれも、もし今の管理会社に給湯器交換をお願いした場合、1回あたり10万円台後半の料金がかかってしまうことが分かったので、自分で調べて行動をしています。

 

管理会社経由でお願いすることは、基本中抜きされていることが多いと考えたほうが良いと僕は思っています。例えば、僕が直接リフォーム会社にお願いしたら、10万円の工事が、管理会社にお願いをすると、12万円で出てきて、差額の2万円はその管理会社の利益にあるという流れです。

 

給湯器ももしかしたら、そういった中抜きをされていると思ったので、僕の方で自分で見積もりを取り、もし、給湯器が今後壊れた場合にはその管理会社にはその業者に連絡してもらうという流れに変更しました。

 

その結果、給湯器交換の費用が17万円程度→10万円に減額になりました。

将来、どのタイミングで壊れるかは不明ですが、5年程度所有していれば、少なくとも1機は不良になると思います。その時の出費を少しでも下げるために今回は自分でルートを設定しました。

 

本来であればこういった部分は、管理会社がやるべきだと思いますが、おそらく彼らとしては自分たちが中抜きしていることがバレたくないので、オーナーから言われない限りは通常と同じ業者を利用するという業務フローになっているんだと思います。

 

僕が現在利用している管理会社は、広告費を取りませんし、建物管理手数料もほぼ原価で請求してくれているので、価格面だけでいえば、どちらかと言えば良心的な会社ではありますが、とはいっても中抜きしている部分は絶対にあるかと思います。

 

そういった中抜きをある程度許攸していなければなーと思う反面、主張するところはしっかり主張して自分の利益を少しでも多く残すことが今は大事だと思っています。

 

僕自身にもっと余裕があれば、相手との関係性をよくするためにあえて多く支払うという考え方も多少はあるのかもしれませんが、その管理会社に迎合するほど、仕事のクオリティが高いわけでもないので、自分がもらえる権利はそれはそれで取っていきたいと思っています。

 

今回の給湯器交換業者を自分で手配するだけで、1回あたり7万円うきました。1年に1機ペースで給湯器が壊れると仮定すると、5年で35万円になり、無視できない金額になります。

 

こういったコツコツを繰り返しながら、自己資本を徐々に厚くしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪