皆さんこんばんは!

10/10の朝のニュースでたまたま、アメリカの不動産投資が数分ですが、取り上げられていました。

それによると、最近のアメリカでは中古物件もしくは、自分が住居用に購入した物件に数百万円規模の リノベーションをかけ、家賃を上げ貸し出す、もしくは、売却益を得るというのが流行っているとのことでした。

僕は、将来的には、日本も同じような流れになるのではないかと思っています。
今は、僕が先日お会いした内海さんのように、リノベーションに特化して、収益を上げている企業というのは、 そこまで多くありません。

しかし、人口が減少し、しかも、その人口が大都市圏に集中するとなると、未使用の土地を活用するというよりも、 既に建てられている物件をどうやって最大限に活用するかという考えに次第に推移していくはずです。

僕は、だからこそ、どんなに古い物件を所有していても、基本、売却は考えていません。
それは、上記のような考えがあるからです。

たまたま、僕が所有している物件の違う部屋がリノベーションをかけ、売り出していたので、お客のふりをして中を見させてもらったのですが、あまりの違いに驚きました。元々は全く同じ間取りですが、スケルトンリフォームをかけており、間取りも異なる、ドアも、お風呂も、トイレも、キッチンも異なるといった状況でした。もうそこまでいくと違う物件です。

僕も、将来はそういったリフォームをかけ、所有資産を最大限活用したいと思います。
それが、不動作王ならぬ資産王になるために秘訣だと思っています。

皆さんは、資産を所有し続けたいですか?それとも売却をして、売却益を得ていきたいですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪