僕は区分所有者になってから、まだしばらくの間、まだ大家としての実感が湧いてこなかった。
そんな状況の中、自分が大家だと実感ができることがあった。区分所有者が変更になった場合というのは、・修繕積立金を物件購入後、いつから払い始めるかというのが明確になっていない場合が多いらしく、僕の場合もそうであった。

なので、いつから支払いが始まるのか確かめるべく、管理会社に電話した際に「区分所有者の・・・ですが」という言葉を自分が発していることに対して、自分は大家なんだということを初めて強く認識した。

結局、管理費・修繕積立金は支払うべきだったにもかかわらず、支払っていない部分はまとめて来月末に支払うことになった。その中で、自動引落しがなく、振込で行わなければならない管理会社があり、しかも手数料は自分で負担という事実にいらっときた。いまどきなんで振込みしかやってないだよ・・・電話してみた感じ管理会社というのはだいぶゆるいだという印象を持った。

まあ、人が居る限り住む場所は必要だから、管理会社の重要は絶対にあるという安定感からそういう社風になっているのだろうが。不動産管理会社は変革だとか、改革という言葉が最も似合わない業界なんだろうか・・・と今のところ思っている。
そこを変えていきたい!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪