HAW980_minkatoskytree500-thumb-260xauto-4162-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は空気が良い日です。
また、今週末には、北京では最高気温が20℃近くいくということで、
とうとう春が来たなという感じです。

来週末に、会社の方でゴルフコンペがあるのですが、まだ全く練習
できていません。みなさん、先週末、今週末にコースに出て練習している
ようで、今回は本当にビリになる可能性高しです。来週頑張って何とかビリとブービーだけは避けたいと思います。

僕は、現在4社の不動産賃貸管理会社に、不動産の管理を任せています。
4社に任せると、ここは客付けをしっかりやってくれるところだとか、
ここは、結構管理を適当にやっているなというのが、なんとなくではありますが、
分かります。

実は、現在入金が遅れている賃貸管理会社が1つあります。
遅れる理由として、入居者が家賃を滞納しているとかであれば、
まだ分かるのですが、入居者はしっかり家賃を収めているのに、
入金が遅れる。これって結構あり得ません。

他の賃貸管理会社は、金額が間違って振り込まれたことはありますが、
入金日が遅れたことは一度もありません。そこは、基本どの会社もきっちりやる部分です。
ちなみに、その管理会社の手数料は4%で設定されています。
他の会社会社の手数料は全て3%です。

よって、この怠慢の会社の手数料が一番高いわけですが、

の管理手数料の設定に基準などありません。
その会社が自分で設定しています。

普通の考えであれば、手数料が高ければ高い程、
サービスが手厚くなると想像しますが、賃貸管理会社の場合においては、
そういったことはありません。

であるのなら、値下げすればするほど得ということになります。
しかし、ここで一つ注意いただきたいのは、賃貸管理会社にかかる負担がどれほどあるのか?ということです。

例えば、入居者が問題がある人で、その対応の為、賃貸管理会社に相当の負担が
かかっている場合、手数料を下げると文句を言われることはあります。
しかし、優良な入居者であれば、文句を言われる筋合いはありません。

彼らがやっているのは、入金管理だけですから、そんなことだけで、
管理手数料4%、5%とられるのはばかばかしいので、値下げするべきです。
でも、管理手数料3%までというのが、一応相場になっているという感覚です。

なぜなら、周りの不動産投資家仲間、お世話になった賃貸管理会社見渡してみても、
2%もしくは1%の手数料でやっている人は見たことがないからです。
それ以下になると、自己管理ということになります。

不動産投資家としての知識を高めるためには、自己管理という選択もあり
かもしれません。しかし、自己管理の場合、トラブルが発生した時に、
かなりややこしくなります。専業大家さんなら良いのですが、僕たちみたいな
サラリーマン大家だと日中は対応できない為、早急に対応できず、最悪それで退去してしまう
なんてこともあり得ます。

そう考えると、サラリーマン大家にとって、
賃貸管理会社とは絶対に必要な存在ではありますが、
会社によってはハズレがあるということは、頭に入れておいて下さい。

基本、入居者を決めてくれた会社に管理も頼むことになりますが、
入居者募集をしている中で、この会社の人には任せたくないという感情が生まれたら、その会社を通じての入居者募集はやめるべきです。

一旦管理を任せてしまうと、途中から違う会社に管理を任せる手続きが
めんどくさくなります。なので、やはり、入居者を決めてくれた会社に任せることに
なってしまうわけです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪