今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

物件購入から2年、紆余曲折ありながらも、当初管理をお願いしていた業者に引き続き管理委託をしているのですが、その代表者と担当者が変わり、不安になったため、新代表者との面談を行いました。

 

もともとお世話になっていた担当者は新代表の方と反りが合わず、担当者経由で新代表の方のお話を聞いていたので、正直イメージが悪かったのですが、実際お会いして、2時間程お話をして、イメージが一変しました。

 

まず、バックグラウンド的に大手仲介業者で10年以上の経験があり、管理業務にも従事したりと、不動産業界に20年程度身を置いている方ということと、話をしていて道理にかなっている内容が多かったこと。そして、話を聞く姿勢であったり、話をしている目をみて、信頼できる方かも?と感じました。

 

実際お会いする前は、面談の内容や感じによっては、管理会社移管というのも検討しており、実際に移管検討先の管理会社の面談についてもこのブログで共有させていただきましたが、色々な選択肢を考えたうえでの、今回の面談でした。

 

ただ、もし管理会社移管となると、入居者の方に振込先変更や新たなに保証会社に加入してもらうなどの負荷がかかってしまうので、その点を考えるとできる限り今の管理会社は変えたくないという思いがあったのも事実です。

 

そんな中でうれしい誤算でした。

 

ただ、現在自主管理をしている部屋については一旦そのまま自主管理を行うということにしています。

 

その代わり、今後空室になった部屋については、今まで即時自主管理に切り替えて、自分で入居者募集活動をしていたのですが、今年の残りの期間については、空室になったのちの入居者募集はその管理会社にお願いすることにしました。その期間で、彼らの動きを見て、その後の管理形態を判断していきたいと思います。

 

いざとなれば、自分で入居者募集する方法は身に付けたので、最悪そういう可能性もありえるということを考慮した上での方向転換になります。

 

代表者の方は誠実でモチベーションにあふれていた感じでしたが、問題は社員の方がそのモチベーションについてこれるかどうか?という部分だと思います。会社の雰囲気がそれまでとは違うことは感じたので、どうにかうまくまわってくれればなーと思っていますが、常に最悪のことは考えながら動いていきたいと思います。

 

コロナの状況を考えると、すぐには空室が出ないような感じがしますが、次の空室後の動きに期待です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪