lobby-411029_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日から3月ですね。

帰国してから2か月が経とうとしていますが、

3月だというのに、意外と日本も寒いんだなーというのが印象です。

最近、気温の上がり下がりが大きい気がしますが、

体調には気を付けたいと思います。

 

一昨日の不動産投資仲間の集いの中で、

最長の空室期間は何か月か?という話をしました。

僕の場合は、2か月半です。

 

ただ、1か月以内で決まることもあったので、

平均すると、2か月以内には空室が埋まっています。

 

一方、一昨日お話をした仲間の中には、半年であったり、

中には1年という人もいました。

 

これは、もちろん、立地というのもあるし、家賃設定が高すぎるという

条件もあるんだと思いますが、一番は、やる気の違いなのかなと感じています。

 

この半年以上空室になったり、中には1年以上空室になるという人もいるということですが、彼らは、自分で何もやっていません。

 

賃貸管理会社にすべて丸投げで、自分で地場の不動産屋に、

自分の広告をしたり、リフォームを自分で考えたりすら、

すべて丸投げにしています。

 

心の中で、それじゃあ決まるわけないでしょ。とおもっていたのですが、

一応、彼らの言い分も聞きました。

 

結局は、楽したいってことなんですよね。

不動産投資って、どうしても、ほったらかしで入ってくる不労所得って

意識が強いと思うんですが、実際は、違います。

 

努力すればするほど結果が出る土壌があります。

ひいては、やる気によって差が出ます。

 

正直、特別な能力であったり、知力は必要ないと思います。

自分の物件をいかに効率的に広告するのか?

不動産屋良いネットワークをいかに獲得するのか?

良いリフォーム会社をどのようにして探すのか?

といったようなことが大事です。

 

つまり、自分の能力というわけではなく、どんな人と仲良くなれるか?

それをどのように有効活用するか?ということがものをいうということです。

 

そして、上記のような情報・ネットワークを得るためには自分で動かないといけません。

家でテレビを見たり、本を読んでいただけでは、何のネットワークもできません。

 

そこを勘違いしている人が多いなーと思います。

 

こういったネットワークは一旦作ってしまえば、

確かに、ある程度ほったらかしでも回っていくかもしれません。

 

しかし、いいネットワークを作るのは容易ではありません。

リフォーム業界、不動産業界、だます人、適当な人、いっぱいいます。

 

その中で、色々試してみて初めていい人が見つかります。

 

試さなければ何も始まりません。

ただ、言われるがままに、自分の不動産が管理されるだけであって、

何も発展はありません。

 

という意味で、まずは自分で動くやる気が、空室期間短縮化につながることは、

僕は、確信しています。最初は、結果が出ないかもしれません。

しかし、やっていく中で、必ず、いい人に出会うことができます。

 

そう信じて、やる気を持って、賃貸経営に臨む。

彼らにもそれは大事にしてもらいたいものです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪