今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

現在、相変わらず空室2室、僕が所有する部屋全体で見ると入居率92%で推移で進んでいますが、区分しか所有していない時は空室である期間のモヤモヤがかなりありました。それがここにきて変わり始めてきています。

 

というより、ある程度柔軟性をもって構えていないと、1棟経営は出来ないことが最近分かってきましたし、年間を通じて満室経営を続けるというのは、30部屋近く所有しているとまず無理ですし、それを求めて賃貸経営をしていると、空室を出た時の精神的ショックが大きく、とても長期的に運営なんてしていけません。

 

ということで、なるようになるというある程度楽観的に構えるように最近はしています。とはいっても、空室対策でやれることはやった上でという前提は崩していません。

 

例えば、地場の業者に自らマイソクを配布して、入居者募集の訴求力を高めたり、自分で撮影した広角レンズ一眼レフの写真を懇意にしていただいている業者に送信して、賃貸物件募集サイトに掲載してもらうようにする等々、自らの労力を注ぐことによって、少しでも成約獲得にプラスことがあればやります。

 

ただ、賃貸経営は、物件や募集条件ありきということがあり、自分でやれることにも限度があるというのが事実です。そこで、時にはフリーレント1か月をつけたり、その他成約した場合の特典をつけたり等々、条件面でも譲歩できることはやっていきます。

 

一番怖いのは空室がたまっていくことです。空室がたまっていくのであれば、多少コストを払ってでも、目先の空室を埋めていくことが大事だと思っています。ただ、僕の1つの大きな考えとしては、家賃は下げないという事です。

 

家賃を下げずに経営していくためには、家賃以外の募集条件を緩くする、減額するという事であったり、部屋やマンション全体の設備投資をするということになっていきます。この設備投資については、まだ何が決定的な設備投資になるのか判断できないので、見積もりを取っている状況にとどまっていますが、本当に必要だと判断し、金銭的も見合うようであれば、順次実行していきます。

 

駅近く、安く借りたいという層がメインターゲットになることは変わらないので、その層が本当に求めていることを深く探っていきたいと思います。また空室が出ても、どんと構えられるようなキャッシュフロー基盤を強化していけるよう、しばらくは節約生活をして、更に自己資本を厚くしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪