今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
今週末はちょっとした記念日なので、盛大に過ごしたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

昨日始まりのコメントのところでちょっと申し上げましたが、空室になった時期と空室期間について考えてみたいと思います。

 

実は、僕は今回の入居者募集まで繁忙期に入居者募集をするということがありませんでした。と言っても、ファミリータイプの区分マンションしか所有していなかったので、そもそも2,3月に異動が多いという訳でもないし、今まで成約になった方で、人事異動に伴って引っ越しというのは実はほとんどありませんでした。

 

しかし、購入した1棟マンションについては、1Kタイプの単身向けマンションになるので、人事異動というのは結構大きなイベントになります。僕が所有しているマンションは学生ではなく、社会人がメインになるのでなおさらです。

 

昨日空室になった部屋、来月空室になる部屋が既に申し込みをいただいており、昨日空室になった部屋に関しては、既に契約書締結、契約金入金も完了していることから、ほぼほぼ成約という状況を考えると、やはり繁忙期の力はすごいなと感じています。

 

といっても、閑散期に全く動きがなかったわけではありません。なんやかんやで閑散期であっても、平均2か月半程度で空室が埋まっている状況なので、閑散期だからといって全く人の動きがないという訳ではありません。

 

でも、賃貸経営をしていてまだ現入居者が退去していないのに申し込みが入るということは経験したことがなかったので、こんなに楽に空室対策が出来るのであれば、できる限り繁忙期に募集できるタイミングで空室になってくれたらなと思います。

 

そういう意味で、空室になるタイミングと空室期間は密接に関係していることを実感しています。

 

引っ越しをするのであれば、できる限り1月ぐらいにどうですか?ということを宣伝したいくらいです(笑)ただ、今年は3月と4月に更新を迎える入居者が24部屋中7部屋あります。その内、1部屋は既に解約通知をもらっているので、残り6部屋がどうなるかというのは確認していく必要があるとは思っています。

 

今の時点で解約通知が来ていないということは、少なくとも2月末までは入居しているということになるので、繁忙期での募集が段々と難しくなっていきます。僕の願いとしては、退去するのあればどうか1月中に解約通知をと思うのですが、そこは運によるものもあると思うので、解約通知をもらったら、すぐに動けるような状況にはしておきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪