今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

僕がFXを学ばせてもらっている講師の方は、常々、「マインド」について話をすることが多いのですが、この「マインド」は不動産投資においても、重要です。

 

最初の1件や2件は、運がよく優良物件を購入でき、安定した収益を得ることが出来るかもしれませんが、5年、10年、20年と安定した収益を残していくためには、投資家本人の思考もかなり重要だと思います。

 

実際に、僕は25歳で不動産投資を始め、周りにも僕と同じ年齢で不動産投資を始めた仲間が多くいますが、その年齢で大きな負債を背負って不動産投資を始める方というのは、固い決意をしている方か、もしくは全く考えていない・言われるがままに動く人間に分かれるのですが、前者は大きな成功とはいえないまでも、失敗はしていない方が大半で、後者は、失敗間近という方が多いというのが印象です。

 

「マインド」の話は、セミナーに言ったり、インターネットサーフィンをしていると、多くの情報を得ることが出来ると思いますが、何が正しいのか難しいですよね。

 

その中で、なるほどなぁ~と感じて、これは不動産投資にも活きる考え方だと思ったマインドを共有させていただきます。

 

それが今日のタイトル「オープンマインド」と「他社本位」ですが、この2つの考え方は巷である考えであって、大事なマインドであるということは、他の成功者の方が言っているのを聞いたことがある方も多いかもしれません。

 

でも、実践するとなると難しいと思います。

 

オープンマインドは、自分のプライドを捨て、良いものには耳を傾け、行動するマインド。

他社本位は、自分にとって優位になるように動くのではなく、他人にとって優位になるように動くことだと僕は簡単に認識しています。

 

僕自身過去を振り返ってみると、オープンマインドは比較的出来ている方なのかなーと感じつつも、他社本位はあまり出来ていないと思っています。

 

ただこれって、例えばですが、今僕が集中している入居者募集にも言えることだと思いませんか?

 

仲介業者や入居者からの意見をオープンマインドで受け入れ、仲介業者さんが紹介しやすい部屋、入居者さんが住みたい部屋にしていく。

 

ただ、加えて、決断する能力も重要になってきますけどね。

なんでもかんでもオープンマインドだとことが進まないので、ここは経営者としての腕の見せ所だと思っています。

 

ということで、僕の場合は日常生活でも他社本位になることを意識して、生活をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪