みなさんお疲れ様です。

先日、私がお世話になっている不動産コンサルタントの方の紹介で、税理士の方に確定申告の説明をしていただいた。内容的には確定申告のいろはのいの部分ということで本当に一部であるが理解が深まった。

そこで、思ったのが経費という概念の曖昧さだ。事業をする上で何が必要経費として認められるのか。そこは結構裁量による部分が大きいのだと、個人事業主はそういった意味で得なのだということが自分がそういう立場になってよくわかった。

それと同時に領収書が今日からある意味お金に見えてきた。損金を出せば出すほど税金の支払額は減る。しかし、私は将来マンション一棟投資をしたいので、所得金額が多いほうが審査の際有利になる。・・・というジレンマがある。

しかし、私は、不動産投資はキャッシュフローが最重要だと思う。だから、損金を捻出し、出来る限り税金を減らすというマインドが基本になると考える。
みなさんはどうお考えでしょうか?

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪