今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

最近、また不動産投資の購入側のセミナーの開催がちらほら見るようになってきました。

2015年~2018年ぐらいにかけての不動産融資ジャブジャブ時代は毎日のように開催されていましたが、スルガのシェアハウス問題以降下火になっていたのが、最近また復活し始めてきたように思います。

 

未だ不動産価格は高止まりしている状況ですし、融資も厳しめというより、緩和はされていない状況ですし、このコロナの状況がどうなるかまだ見極めが難しい状況なので、僕は様子見が無難だと考えていますが、購入したいという方が増えてきたんですかね?

 

不動産投資のセミナーでは、よく、〇棟〇〇室保有、家賃収入〇〇〇〇万円の大家というような感じの宣伝文句で、その大家の方が体験談を語るみたいなことが多くありますが、資産規模だけでその方が成功しているかどうか判断するべきではないと思います。

 

中には、賃貸経営が厳しいので、少しでもお金を稼ぐために、そういったセミナーに講師として登壇されている方もいるとよく聞きます。

 

加えて、大家初めて1年で!のように、短期間でもできたことを自慢するような内容も含まれていることが多いですが、短期間での規模拡大は非常に危険だと個人的には思います。

 

まず財務的には言うまでもないかと思いますが、大量の現金を保有していた方や、もともと大きな金融資産を保有していた方は別として、通常のサラリーマンが、短期間に2億や3億の規模まで拡大すると、自己資本比率はかなり低い状態から始めることになります。

 

そして、何より、いきなり規模拡大するのは良いのですが、多くの部屋を所有することに対してメンタル耐性がついていっているのか?という部分です。

 

ある程度の覚悟をもって、最悪自己破産になってしまう可能性もあるということを認識しているぐらいの方はやっていけるのかもしれませんが、軽い気持ちで、年金代わりになる、運営は管理会社に任せるだけで簡単程度にしか考えずに始めてしまう方は、不動産投資を始めたのちに賃貸経営の大変さに気づき、日々恐怖を感じながら生きていくことになる方も多くいると思います。

 

であれば、不動産投資なんてやらなければよかったと思っても、あとの祭りです。

そういった方は高値で物件をつかまされていることが多いので、残債より高い値段で物件を売却することが難しく赤字になったとしても、泣く泣く持ち続けるしかないということになります。

 

こんなことになる可能性もあるので、初心者の方は、コツコツが良いと僕は思うんですよね。ここは個人の特性や考え方によりけりですが。確かに、規模拡大しないと、大きな成功は出来ないということもできますが、投資はまず失敗しないことが大事ですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪