今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

悪いニュース続きでしたが、今日は良いニュースになるかもしれないという話です。

ただ、まだ「かもしれない」レベルなので、全く安心はしてませんけどね。

 

実は、今年の3月あたりに空室になっていた部屋に対して、大家直接募集サイトで問い合わせをしてくれていた女性がいました。その女性が問い合わせた部屋の間取りは、今回空室になる部屋と全く同じ間取りなのですが、もし夏まで空室になっていたら、検討しますということでした。

 

その後その問い合わせをもらっていた部屋はすぐに決まり、他の部屋もすべて決まり、満室という状態でしたが、今回ブログでもアップさせていただいたように1室空室になることとなりました。

 

そこで、ふと以前問い合わせをもらっていた女性に状況を確認したところ、状況変わらずということで、そろそろ部屋を探し始める予定とのことでした。

 

その女性は今住んでいる部屋がシロアリにやれている部屋らしく、すぐにでも退去したいという状況らしいのですが、1年内に解約してしまうと短期解約違約金が発生してしまうということで、その1年の期間を超えるのが8月あたりだという話は以前聞いていました。

 

そこで、1年の期間を入居日~解約通知日までとするのか?それとも、入居日~退去日までとするのか?によって1か月退去できる期間が変わってくるので、どちらが正しいか教えて欲しいということでした。

 

一般的な考えでは、解約通知日は関係なく、あくまで退去日基準で1年経過したか否かを判断するという印象を持っていましたが、自信をもって回答できなかったので、管理会社にその点確認しました。

 

結果としては、僕が想定していた通り、退去日基準で1年経過したか否かを判断するというのが通常ルールとのことでした。ということで、この入居希望者の方はそろそろ解約通知日を出して、来月中の1年が経過するタイミング以降であれば、短期解約違約金なしで退去することができることになります。

 

ということで、もしその入居希望者の方が決断してくれればですが、8月下旬の入居開始という可能性も若干出てきました。

 

ただ、大家直接募集サイトでのやり取りは、興味がなくなったらメールをしかとされたりして、自然消滅してしまうことも結構あるので、地場の業者への入居者募集のお願いは既にいつも通りしています。もし入居を決めてくれたらそれはそれでラッキーという程度で、決まるまでは万全の状態で、入居者募集を進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪