今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
来週の金曜日には引っ越しです。あと1週間!

人気ブログランキング

 

 

先週の日曜日に今回賃貸するマンションの重説があったという話はしたかと思いますが、ここで大家としての観点で良い気付きがありました。

 

今回契約する部屋は良くCMでおなじみのシ○ケ○グループで管理している物件です。

ということでいろいろ縛りが厳しいなと思っていたのですが、重説の時になって初めて知らされた事実がありました。

 

その内容というのは1年未満で解約した場合は、短期解約ペナルティーとして家賃2か月分、1年以上2年未満で解約した場合は、短期解約ペナルティーとして家賃1か月分を支払うという文言です。

 

これは契約するまで聞いていませんでした。

というか、今回の場合懇意にしている仲介を通じての契約だったので、業者間でのADがないのにもかかわらず、仲介手数料を半額にしてもらっています。

 

なので、やってもらっているという立場だったのと、あちらも僕だからということで確認の手間はかけないで、この短期解約条項に関してもそこまでチェックすることなく、ここにきての通知になったんでしょう。

 

将来的なことはどうなるか分かりませんが、僕はこの部屋に2年以上住む予定はありません。色々考えるとおそらく2年以内に出ていく可能性が高いと思っています。なので、家賃1か月のペナルティーも考えて、物件を選びたかったのですが、もう住民票も移しているし、色々手続きも完了させてしまっているので、時すでに遅しです。部屋や立地自体はそこまで大きな心配はしていないので、まあ良しとします。

 

ただ、これは自分の賃貸借契約にもこういった文言を織り込んでも良いかなと思いました。

通常短期解約条項というのは、1年未満で家賃1か月ぐらいが相場だと聞きます。

今回はシ○ケ○だということと、立地が都心だということでかなり強気でこうなっているんだと思いますが、僕が貸す側の契約書には1年未満解約で家賃1か月分のペナルティーというのはつけても良いのかなと。学びました。

 

僕の部屋の場合は初期費用が高いのと、家族で長く住まれる方が多いので、短期解約なんてことはされたケースはほぼないんですけどね。一応の対応です。

 

でも、この対応って立地が悪いところ、賃貸需要が低いエリアでは通用しないだろうなとも思います。今回僕が住むようなエリアで不動産投資は出来ないとは思いますが、1つの選択肢として、短期解約条項も今後取り入れていきたいと気づきがありました。これも1つの勉強代と捉えたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪