今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
忙しい週ですがポチ数を励みに書かせていただきます。

人気ブログランキング

 

 

最近、本屋に行くと僕が不動産投資を始めた5年前と比べると不動産投資のコーナーが広くなりましたし、売られている本が増えたなーとつくづく思います。

 

それだけ情報が多くなったということは良いことではあるのですが、

色んな投資手法や成功体験が書かれている本があるので、初心者の方からするとじゃあ自分はどうすれば良いんだ?と思う方も多いかと思います。

 

そんなわけで僕に相談してくる初心者の質問で多いのが、何から始めて良いのか分からないという類の質問です。

 

ただ、この質問だけいただいても明確な回答をすることが出来ません。

なぜなら人それぞれによって進むべき方向性やスピードが違ってくるからです。

 

それは考えてみれば普通に分かることだと思います。

年収が高い人とそうでない人、ある程度の資産を所有していると所有していない人、既に大きな金額のローンを背負っている人とそうでない人等々、皆さん条件は1つではありません。

 

そして、巷で売られている本に書かれている本はあくまでその著者の属性や資産背景等の条件の下で成功した過程でしかないのです。例えば、その著者が年収2千万円ある方だった場合、それだけでまず普通のサラリーマンには再現性が低い投資手法の可能性もあります。

 

オリッ〇○銀行は、年収の20倍までの融資が可能だと言われています。

年収が300万円の人と年収が1000万年の人であれば、融資可能金額が6000万円と2億円ということになり、購入できる不動産の規模が違ってきます。

 

2億円あれば、都内の一棟アパートを2棟ぐらい購入することが可能ですが、6000万円だと1棟すら厳しい状況です。その場合は区分所有や戸建てからコツコツ始めて行くしかないのです。

 

これ以外にも条件によって違いが出てくることはありますが、本はあくまで1つの成功体験であって、それが自分の成功体験にはならないということは認識しておいた方が良いかと。

 

確かに、多くの本に書かれている内容を見ると、この手法であれば成功するというような記載もあるし、条件に関わらず必要な知識や実践も書いてあります。

 

どれが自分にとって有益なのか?どれが自分にはあまり適用できない情報なのか?そういった部分を取捨選択する力もまた1つの能力です。失敗しないための目利き力です。

 

僕は25歳の時にいきなり大きな投資をして始めましたが、今思うとゾッとします。たまたま震災の年に購入したのと、換金性が高い不動産を購入したので、最悪のケースになる可能性は低いですが、これが今の時期に勢いで購入していたら・・・と考えると怖いです。

 

これは運でしかないのかなと。お世話になっている不動産屋に先見の明があったということです。その時は僕の知識はほぼゼロでしたから。

 

なので、まずは信じることなく情報を見るということを繰り返していく中で、目利き力をつけましょう。難しく考えすぎないことです。その中で自分に合った投資手法を見つけ出し、そこからはひたすら物件探しです。準備はしすぎて悪いことはありません。この準備期間を大事にしていただきたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪