みなさんこんにちは!

今日は、白色申告と青色申告のメリット・デメリット
について紹介したいと思います。

みなさん、青色申告の方が税額控除もとれるし、
得でしょ!と思われてる方が多いのではないでしょうか?
自分の段階によって、青色申告の方が、リスクが高まり、
逆に存する可能性もあります。

自分の段階というのは、事業規模か事業規模でないかということで。
もし、資金・属性・実績等が申し分なく、近い将来に事業規模まで、
不動産を購入することができるということでしたら、65万円の税額控除
は大きいので、青色申告で申請した方が得です。

しかし、資金・属性・実績等が十分ではなく、事業規模である、5棟もしくは10戸
まで不動産を購入するまではまだ時間がかかってしまう状態であるのだとしたら、
青色申告によって逆に自分の首を絞めてしまう可能性があります。

確かに、青色申告であれば、10万円の税額控除をとることができます。
しかし、それ以上に、より緻密な帳簿管理が、白色と比べ求められます。
もし、将来的に、税務調査が来た際に、白色申告をしていた時期、青色申告をしていた時期、
があった場合、青色申告をしていた時期のエビデンスはより厳しく見られます。

白色申告の時期であれば、ざっくりと調査されるということをこの前聞きました。
税務調査に入られたことがなく、実感がわかない方もいるかもしれませんが、
例えば、7年前に税金不払いが指摘された場合、それに係る税金支払いだけなく、
罰金、罰金及び不足税金にかかる利息等を支払わなければなりません。

7年間もの利息ですから、元本が10万円であっても相当な金額になります。
なんでも、目先の控除、利益を求めてしまいがちですが、長期的な視点をもち、

常にリスクも考えながら行動することが大事だと僕は思っています。
長い人生まだ、人生の1/4に毛が生えた程度しか生きていない僕ですが、
リスクは甘く見ないよう気を引き締めていきたいと思います。

みなさんは、青色申告ですか?それとも白色申告ですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪