a1180_016929-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日は、北京で久しぶりに日本のラーメンを食べたのですが、
改めて、美味しいなと思いました。
先週週末に日本に帰国した際にも、僕のお気に入りである油そばを食べたのですが、
それを食べた後でも、美味しいなと思えたので、本物なんだと思います。
北京の日本食も、昔と比べて大分発展したなと改めて感じた昨日の夜でした。

僕は、仕事は人生において、達成感を得る為に必要だと思っています。
だからこそ、仕事の内容自体にやりがいを追及しているわけですが、
入社当時は、自分が思っていた仕事内容とギャップが大分あり、
悩みを抱えていました。

僕がいつも、独立したいと言っているのは、
独立すれば、比較的自分のやりたいことに近い分野の仕事を
することができ、それが、人生のやりがいにつながると
考えているからです。

ちょっと、子供っぽいと言われるかもしれませんが、
やはり、男は仕事にロマンを求めます。
そのロマンを求める事が出来る環境にまだ身を置いているのであれば、
ロマン派追求すべきだと思います。

ただ、最近、大きな会社で働くことも、
決して、悪くないなと感じてきました。

というのも、大きな会社というのは、
同じ職種であっても、様々な内容の仕事があり、
刺激を受ける機会が多く、それがやりがいを得ることに
つながると思い始めてきたからです。

例えば、僕は、入社当時、職能部署の管理をする
経理部に属し、2年働いた後、海外現地法人を管理する
経理部に属し、今に至っています。

そして、昨日上司と夕飯を一緒にしたのですが、
僕が帰国後に所属する部署は既に決まっており、
おそらく、その所属する部署は、営業部署を管理する経理部
だと思われるような言い方でした。
(もったいぶっているのか、なんなのか分かりませんが、
まだ具体的な内示は受けていないのですが。)

そうすると、仕事の内容は、経理という基礎業務は同じにしても、
接する人間であったり、管理する内容が異なり、
刺激になりますし、経験としてはいい経験になります。

一方、大きな意味での業務内容という点では、
小さい会社に所属した場合、会社自体の業務の幅が、
大きな会社と比べ、狭くなり、1人がその会社にずっと所属した場合、
同じことの繰り返し、という仕事人としては一番つまらない環境に
身を置くことになります。

という意味で、この仕事内容の幅という意味では、
1人が生涯で関わることができる幅が広い、
大きな会社の方が、いいのかなと思います。

社会人になって5年半が経とうとしていますが、
最近、そんなことを気づき始めました。

ただ、大きな会社では、自分が会社にどの程度貢献しているのかが
分かりにくく、会社の歯車として働いているというむなしさを感じる
事が多いだとか、何をするにしても、申請、承認が必要という、
社内作業が多いだとかはありますけど、今日はそれに関しては言及は控えます。

と不動産投資とはあまり関係のないことを言いましたが、
僕自身、不動産投資を始めた当初は、何か別のビジネスで
独立することを目標に、その前に、サラリーマン給与外収入を
ある程度の規模で作っておきたいという意思を持って始めました。

しかし、今、不動産事業を始め3年が経とうとする中で、
日が経つことに、不動産に対する興味が深まり、
今は、不動産に関わる業界で働きたいと思うようになりました。

この不動産に関わるというのは、デベロッパー、金融業、ゼネコン等
あるかと思いますが、まだ、的は絞っていません。
でも、僕も来年で30歳の年です。
そろそろ、将来の身の振り方を真剣に、現実的に
考えなければいけません。

それを考える際、不動産事業を3年前に、勇気をもって始めておいて、
本当に良かったと思っています。

不動産収入がなければ、サラリーマン給与だけになるわけで、
転職するにしても、チャレンジングな転職というのはできません。

チャレンジングな事を決断する際に、不動産収入は
肩を押してくれる存在でもあります。
僕にとっての勝負はまず来年です。

来年、いい1棟マンションを購入できるかできないか、
これは、将来の僕の人生に大きく影響します。

そして、第2の勝負は、その次の年だと思っています。
僕の計画では、来年1棟マンションを購入し、
資産管理会社設立の手続きが終わったのちは、
転職活動をしようと考えているからです。

上記のように、大きな会社で働くことは、
思ったよりも刺激があるのは事実なんですが、
それでも、やはり、経理マンとして身をうずめたくない、
その思いは、やはり、時がどんだけ経っても消えません。

そして、上記のようなやりたいことの方向性というのも、
見えてきました。であるのなら、その気持ちに従うべきかなと
今は考えています。

と将来の事について述べさせていただきましたが、
まずは、今をしっかりすること。

目の前にある目標や困難を乗り越えてこそ、
将来自分の思ったような自分になれるチャンスが
見えてくるので、とにかく今年あと2か月、
目標とする貯金額を貯めれるように頑張りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪