今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

昨日の今日の話になってしまいますが、申し込みが入るかもしれないという福島在住の学生さんですが、やはり申し込みはしないということでした。こんなに早く決まるわけないと思っていたのですが、やはり・・・という感じでした。

 

申込を控えた理由としては、他により良い条件の物件が決まったからとのことでした。

今回の部屋は12/28に現入居者が退去して、1月中旬に入居可能になるということでしたので、早すぎる申込にキャンセルの恐れもあると思っていましたが、それが申込前に分かったということで、良い意味で捉えたいと思います。

 

僕がこの物件を所有してからあと4か月程度で丸2年となりますが、その間、10部屋程度の空室処理をしてきました、その間に、既に3回程度、申し込み後のキャンセルを経験しています。

 

今回のようにまだ募集が本格化する前のキャンセルであれば、全然影響はないのですが、中には、初期費用の支払い直前にいきなりキャンセルをしてくるという輩もいました。

 

一番最悪だったのは、今年3月10日に入居者退去し、その直後に申し込みをいただき、3月末に初期費用入金の予定だったのが、直前でキャンセルされ、4月より再募集という、繁忙期を逃してしまったパターンでした。

 

しかも、その部屋はこの1棟マンションの中では一番決まりにくいと思われる1階の一番道路に近い部屋です。その時は絶望的になりました。その後、2か月後に何とか決まったのですが、キャンセルはやはり怖いです。

 

僕が募集している部屋の家賃帯的に、あまりマナーがなっていない入居者が相対的に多くなってしまうのは仕方がないことだとは思いますが、にしても、この確率で申し込み後キャンセルが出てしまうのは、ちょっと頻度が多すぎるなーと思います。

 

対策としては、競合物件よりもより良い物件にしていくということは前提として、申し込みが入ったとしても、初期費用の入金があるまでは、安心しないということが重要だと思っています。

 

ファミリータイプの区分マンションでは、1回も経験したことがなかったのですが、ワンルームでは、比較対象が多いことと、入居者が1名なので、判断したことに対して柔軟的に変えられるからこそ起きてしまうことなのかなーと思っていますが、キャンセルの都度精神的のダメージを受けるレベルを小さくしていきたいなーと思っています。

 

ということで、来年から1室ことは確定しているので、この1部屋を早めにうめつつ、更なる空室に効果的に対応していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪